イタリア人が封鎖に「抗議」 大使館の圧力で警察撤退=上海

2022/05/25
更新: 2022/05/25
コメント

中国・上海在住のイタリア人が24日、2カ月続く封鎖に耐えられず、バリゲートを突破し、警察官と対峙した。イタリア大使館の圧力で警察は撤退した。

事件が起きたのは、上海市長寧区の富裕層が住む住宅団地「嘉里華庭」。そこに住むイタリア人住民は封鎖への不満を訴え、当局に抗議するために団地を飛び出したという。

事態鎮圧にパトカー4台が現場に駆け付け、イタリア人住民はしばらく警察官と対峙した。その後イタリア大使館の職員が現場に到着し、警察はやがて撤退した。団地も閉鎖を解かれたという。

中共ウイルス(新型コロナ)の感染拡大で、3月28日から封鎖が続いている上海市は、6月に封鎖の全面解除の見通しとなっているが、依然として厳重な閉鎖措置が続いている地域も多い。

香港の民間メディアが4月中旬に「上海在留外国人950人を対象」に行った調査では、約5割が1年以内の上海退去を検討中と答えていた。

(翻訳編集・李凌)