中国の太陽光発電新設、上期に倍以上拡大=業界団体

2022/07/22
更新: 2022/07/22
コメント

[上海 21日 ロイター] – 中国太陽光発電産業協会(CPIA)が21日公表したデータによると、上期に国内で新設された太陽光発電設備は約31ギガワット(GW)となり、前年同期比137%増加した。2022年通年では過去最高を更新する見通し。

国内の太陽光発電能力は現在、前年比25.8%増の340GW。通年の設置規模は75─90GWとなり、昨年記録した過去最高(54.9GW)を更新する見通し。

中国は、風力と太陽光の発電能力を昨年末の635GWから10年後に1200GWに増やすことを目指しており、砂漠地帯で大規模な再生可能エネルギー設備の開発を進めている。

Reuters
Reuters