東京地検、五輪組織委元理事とAOKI前会長ら逮捕 賄賂5100万円

2022/08/17
更新: 2022/08/17
コメント

[東京 17日 ロイター] – 東京地検特捜部は17日、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の高橋治之元理事を受託収賄容疑で、AOKIホールディングスの青木拡憲前会長、青木宝久前副会長、上田雄久専務を贈賄容疑で逮捕した。

東京地検によると、高橋元理事は、大会スポンサー契約などをめぐりAOKIHDに便宜を図る見返りに、2017年10月から今年3月まで50数回にわたり、計5100万円の賄賂を受領した。

AOKIHDは青木拡憲前会長らの逮捕を受け、「事態を厳粛に受け止めており、引き続き当局の捜査に全面的に協力していく」とコメントした。

同特捜部は先月、高橋元理事や青木前会長の都内の自宅などを家宅捜索していた。

Reuters
Reuters