国葬反対派、赤旗かかげデモ活動…警察は厳重警戒

2022/09/27
更新: 2022/09/27
コメント

安倍晋三元首相の国葬が行われた27日午後、式典会場の武道館付近の九段下交差点などでは国葬反対派によるデモ活動が行われた。終了後も歩道上に留まり続けるデモ参加者に対し、多数の警察官が監視を続けた。また、道路を挟んで国葬賛成派が「国葬賛成」を訴えた。

警備にあたる警察官(王文亮/大紀元)

反対派は「全学連」と書かれた旗や赤旗を掲げ、歩道上で太鼓などを鳴らしながら「国葬やめろ」「戦争反対」などとシュプレヒコールを連呼した。これに対し、国葬賛成派は安倍元首相の国葬を行う意義を訴えた。

国葬にあたり、警視庁は警視総監をトップとする「最高警備本部」を設置し厳戒態勢を敷いた。最大時約2万人の警察官らを動員して警備を実施している。

政治、経済、安全保障などを担当しております。