中国上海、コロナ拡大で自動車イベント中止 経済再開不透明に

2022/11/24
更新: 2022/11/24
コメント

[北京 23日 ロイター] – 中国で新型コロナウイルス新規感染者が増加する中、経済の中心地である上海では23日、市内で開催中の自動車業界のイベントが突如中止となった。経済再開計画を巡る不透明感が一段と高まった。

中国当局が発表した22日の新規感染者数は2万8883人と、今年4月に記録した水準付近に高止まりした。

428人の感染を確認した四川省成都は、23─27日に大規模検査を実施すると発表した。

首都北京の感染者は1486人と過去最多を更新。当局は特に朝陽区で感染確認が多いとして、住民に区外への不要不急の移動を控えるよう求めた。

上海も市外からの訪問者を対象に、到着から5日間はショッピングモールやレストランへの立ち入りを禁止すると発表した。

こうした中、中国の主要自動車業界団体は23日、感染状況の悪化を受け、上海で開催中のイベント「China Automotive Overseas Development Summit」の2日目を取りやめると発表した。

深センでは24日から空港や鉄道駅、バス乗り場に入る際に48時間以内の陰性証明または24時間以内に検査を受けた証明を提示することが義務付けられる。

キャピタル・エコノミクスのアナリストは「今後数週間は中国の経済と医療システムの双方にとってパンデミック(世界的大流行)初期以来最悪の時期になる可能性がある」と指摘。

「現在の感染拡大を抑える取り組みでは、少なくとも局所的な封鎖が多くの都市で必要になり、経済活動が一段と押し下げられるだろう」と述べた。

Reuters
Reuters