パンデミックは終息に向かっているのか?

1月8日からCOVID‑19の報告数が急速に減少し始めた。これに対し、ジョンズ・ホプキンス大学のマーティ・マカリー教授は、ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙の論説で、この急激な減少は...
2022/02/02

董宇紅博士が語る:感染を防ぐのは「見えざる力」

欧州のウイルス学専門家でバイオテクノロジー企業の首席科学者である董宇紅博士は、大紀元のインタビューに対し「人類がこのパンデミックを克服するために、人間の思想や精神状態のあり方も重要な条件です」と語りました。
2022/01/27

「やはり起きていた」コロナ禍のなか糖尿病16%増加

コロナ禍中の2年間で、全世界の糖尿病患者数が16%増加したと言います。現在、オミクロン株によると思われる感染の第6波が猛威をふるっていますが、許容される方法によって体を動かすことは、私たちの健康維持に必要なことです。
2022/01/19

新研究:「人の細胞を脅かす」マイクロプラスチックによる全地球的汚染

今日、私たちの日常生活に欠かせない素材となっているプラスチック、その砕片であるマイクロプラスチックは、誰もが口にする食物や水、あるいは空気中に放出されて人体に害を与え、自然の生態系も脅かしている
2022/01/15

オミクロン株「風邪に似た症状」にも油断は禁物

新型コロナウイルスによる世界的なパンデミックが、すでに2年以上続いています。従来のウイルスに加えて新たにオミクロン変異株が出現し、新たな緊張感が走る現状について、欧州のウイルス学専門家・董宇紅博士の解説をまとめました。
2022/01/12

ナバロ氏の新著が明かす パンデミックにおける中国共産党の「5つの大罪」

トランプ前米政権の元大統領補佐官(通商担当)であるピーター・ナバロ氏は最近、新著を出版した。ここで特筆すべきは、ナバロ氏が新著の中で、パンデミックで中国共産党政権が犯した「5つの大罪」についてまとめていることだ。
2021/12/09

「アジアパワー指数」米首位、中国は弱体化 日本はミドルパワーに転落=豪シンクタンク

中共ウイルスの蔓延により、中国はインド太平洋地域における影響力が弱まり、今後10年間で首位の米国を追い越すことはできないだろうと、豪ローウィー国際政策研究所が5日に発表した「2021年アジアパワー指数」の中で述べている。
2021/12/07

「私が科学を代表している」ファウチ氏発言に共和党議員から批判の声

バイデン大統領の首席医療顧問を務めるアンソニー・ファウチ博士が米国のテレビ番組のなかで「私が科学を代表している」と発言したことに対し、テッド・クルーズ上院議員などから批判の声が上がっている。
2021/12/06 Wenliang Wang

行方不明だった中国武漢の市民ジャーナリスト 江岸拘置所に拘留か

中国で中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染拡大をいち早く発信し、その後、行方不明になっていた市民ジャーナリストの方斌氏が、武漢市の江岸拘置所に拘留されていることがわかった。大紀元が24日、地元関係者から入手した情報に
2021/12/03 山中蓮夏

気候変動とロックダウン

「気候変動」が次のパンデミックに仕立てあげられる危険性がある。新型コロナに関しては、非常に冷酷な対策を推進した世界保健機関(WHO)が、また指揮官に任命されるかもしれない。
2021/11/21

武漢ウイルス研究所は世界最大のコロナウイルス・コレクションを保有=調査ジャーナリスト シャリ・マークソン氏インタビュー(1)

2020年初頭に中国・武漢から始まったパンデミックの起源は、未だに謎に包まれている。武漢の研究所からウイルスが漏れた可能性(ラボ漏洩説)については、1年以上おおやけに議論されることはなかった。10月に著書『What re
2021/11/20

EXCLUSIVE-米、石油備蓄放出の検討要請 日本や中国に=関係筋

[ワシントン 17日 ロイター] - バイデン米政権は、石油を大量に消費する一部の国に対して、価格を引き下げ景気回復を後押しするための協調した取り組みとして、石油備蓄の放出を検討するよう要請した。複数の関係者が明らかにした。 原油価格は10月下旬、7年ぶり高値を記録した。原油需要はパンデミック(世界的大流行)前の水準までほぼ回復しているが、供給が追い付いていない。 石油輸出国機構(OPEC)と
2021/11/18 Reuters

「パンデミックに乗じて」裏目に出た中国共産党の行動 米専門家が語る

ブルッキングス研究所の外交政策担当のトーマス・ライト(Thomas Wright)上席研究員は、このほど英文大紀元のインタビューに応じ、パンデミック後の欧米と中国共産党(以下、中共)の関係について、自身の見解を語った。
2021/09/01

コロナ流行から核開発問題まで 印太を歴訪した米国上級外交官ら、提携を強調

いまだ収束を見ない新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックから北朝鮮の核開発問題に至るまで、多くの脅威に米国が直面する中、「米国は提携諸国と協力して救命活動に勤しみ、繁栄・発展を推進する」という共通目標の促進を目指して、2021年7月に米国防長官と上級外交官がインド太平洋諸国を歴訪した。
2021/08/14

米CDC、旧PCR検査体制を年内に廃止 インフル検査もできるマルチ検査を推薦

米疾病管理予防センター(CDC)は7月21日、新型コロナウイルス(中共ウイルス)について、緊急使用許可(EUA)を得ていたコロナ単独を検査するPCR検査体制「CDC 2019-Novel Coronavirus (2019-nCoV) Real-Time RT-PCR Diagnostic Panel」を年内までに廃止すると発表した。医療機関に対して、今後はコロナウイルスほかインフルエンザも同時に検査できる効率的な手法を取るよう促している。
2021/08/03

共産党100周年イベント、「華やかさの下に隠された強い不安感」=学者

中国共産党は7月1日、創立100周年を迎え、盛大な祝賀イベントを開催した。人権団体の学者は「華やかさの下にあるのは、深い不安感だ」と指摘した。
2021/07/05

「アンチ警察」運動により米警官の退職希望者が殺到 急増する銃撃事件

中共ウイルスの感染拡大や「アンチ警察」運動が急増するなか、米国最大の警察署では、ここ1年半、警官の退職が続出している。
2021/07/02

「中国の脅威に対抗」 国連大使、米国のリーダーシップを強調

米国のリンダ・トーマスグリーンフィールド国連大使は6月16日、議会で、国連での中国の影響力拡大は権威主義的な「悪影響」を及ぼしているとし、米国のリーダーシップを強化する必要があると述べた。
2021/06/20

古代の疫病の黙示録 疫病にかからない人もいる

人間を襲う正体不明の病気、医療資源の崩壊、死体を燃やし続ける火葬場、疫病の原因は何でしょうか?
2021/06/19