ニューヨーク発、神韻が宇都宮で初日公演 旧正月に正統な中国文化蘇る

2023/01/22
更新: 2023/01/24
コメント

21日、日本で巡回公演を開催中の神韻芸術団が、栃木県宇都宮市の栃木県総合文化センター メインホールでの初日公演を行なった。ニューヨークを拠点とする神韻は現在8つのグループをかかえ、それぞれが世界で巡回公演を行なっている。

旧正月の大晦日に当たるこの日、正統な中国文化を体現するまばゆい舞台に、宇都宮の観客は夢のひと時を過ごした。

宇都宮大教授「生の舞踊と音楽、五感で感じた」

2023年1月21日、宇都宮大学の長尾慶和教授が宇都宮市の栃木県総合文化センターで神韻公演を鑑賞(龔安妮/大紀元)

この日、宇都宮大学の長尾慶和教授が公演鑑賞後、新唐人テレビの取材に応じた。「音楽と踊りのマッチが大変素晴らしくて、オーケストラピットと踊りとをずっと交互に見ていました」と語った。

「踊っている人たちの表情や回転技、協調性、そこに至るまでの背景に、日頃の努力がすごく感じられた。みんなが距離感を保ちながら、特徴的な衣裳の相乗効果を引き出すよう工夫しながら踊っていた。その協調性が素晴らしかった」

生き生きとした演舞からエネルギーを感じたという。「生の踊りと音ですので、体や五感でいろいろと感じました。すごく元気をもらいました」

長尾さんは、神韻が体現する中国伝統文化の趣にも感動を覚えていた。

「職場に中国から来ている人がいるので、その人たちが普段から頑張っているエネルギーの背景に中国の文化があるのかなと想像しながら見ていました。そういった面でもすごく感動しました」

日立前部長「もっともっと世界中に広めて欲しい」

2023年1月21日、日立製作所前部長の山下英昭さんが宇都宮市の栃木県総合文化センターで神韻公演を鑑賞(牛彬/大紀元)

同日、日立製作所前部長の山下英昭さんが公演を鑑賞した。

「やはり踊りが素晴らしいですね。男の人は迫力がある、女の人は美しくてしなやか。オーケストラの踊りに合わせた生演奏がすごい。初めてこういう素晴らしいものを聞きました。見ました」

二胡の独奏にも癒されたという。「初めて二胡というのを生で聞きましたけど、いやー本当にすごい。素晴らしい。日々の疲れが取れます。奏者の表情もすごく綺麗で素晴らしい」

山下さんは、神韻が伝える古来の美徳にも共感していた。

「今は自分さえ良ければという人が多くなっちゃったんですけど、今日の公演にあったように、みんなが助けあったり神様を大事にすることはやっぱり大事かなと思いました」

「今はちょっとおかしな世界になっている」と直言する山下さんは、伝統的な価値観を広げる神韻の取り組みに対して、「非常に大事だと思う」と賛同していた。

「素晴らしいとしか言えません。もっともっと頑張って世界中に広めて欲しいと思います。また来ます。私だったら神韻のポスターを友人に見せます。これを見たら皆さん来てみたいと思うでしょう」



 

失われた中国伝統文化の復興を目指す神韻芸術団は、目下、日本巡回公演を開催中だ。残る開催都市は東京、名古屋のみ。ツアー日程は公式サイトで確認できる。

大紀元は神韻芸術団の後援として、2006年の芸術団創設以来、観客の声を伝えています。

大紀元報道記者。東京を拠点に活動。