米、ロ軍事会社ワグネルを犯罪組織に指定 追加制裁へ

2023/01/23
更新: 2023/01/23
コメント

[ワシントン 20日 ロイター] – 米政府は20日、ウクライナ侵攻でロシア軍を支援している同国の民間軍事会社ワグネルを「国際犯罪組織」に指定し、22日の週から追加制裁を科すと発表した。

米国家安全保障会議(NSC)のカービー戦略広報調整官は記者会見で、「ワグネルは広範な残虐行為と人権侵害を行う犯罪組織だ」と指摘した。ワグネルが保有する米国の資産は全て凍結され、米国人によるワグネルへの資金、物資、サービスの提供は禁止される。

米政府は、北朝鮮に向かうロシアの列車を写したとする11月18日付の画像も公開。カービー氏は、北朝鮮が11月19日に車両にコンテナを載せた後、車両はロシアに戻ったと説明し、北朝鮮がワグネル向けに武器を出荷したとの見方を示した。

米政府は12月、ワグネルが北朝鮮から武器の提供を受けたと指摘し、北朝鮮外務省とワグネルはこれを否定していた。