2024年大統領選共和党候補者の支持率ランキング

2023/11/23
更新: 2023/11/23

2024年の米国共和党の大統領予備選挙は現在、ますます競争が激しくなっている。アイオワ州は2か月以内に最初の指名候補者を選出する予定だ。

4回目の共和党大統領討論会も12月6日に開催される。一方、候補者のランキングには変化が見られている。

前大統領のトランプ氏は、これまで共和党の指名争いでリードを保っていた。しかし最近、前副大統領のマイク・ペンス氏と上院議員のティム・スコット氏が選挙戦を辞退したことで、他の共和党候補者のランキングはより不透明になった。

「ザ・ヒル」紙は多くの世論調査の分析に基づき、独自の共和党大統領候補者ランキングを発表している。

トランプ前大統領

トランプ氏は圧倒的な人気を誇り、他の追随を許さない。

世論調査分析サイト「FiveThirtyEight」のデータによると、今年1月には、トランプ氏は当時の第2位だったフロリダ州知事のロン・デサンティス氏を約10ポイントリードしていたが、そのリードは現在47ポイントにまで拡大している。

トランプ氏の現在の支持率は約60%で、これは1対1の選挙戦になれば、どの対立候補も彼に勝つのは困難であることを示している。

ニッキー・ヘイリー元国連大使

ヘイリー氏は全国的な世論調査でデサンティス氏に遅れをとっている。

しかし、彼女が今、第2位にランクインしたのは、明らかに彼女が台頭しており、一方でデサンティス氏が停滞しているためだ。

最初の数回の大統領討論会での印象的なパフォーマンスが、ヘイリー氏の選挙運動に勢いを与えている。

ヘイリー氏は、もう一つの早期投票州であるニューハンプシャー州で安定して第2位を維持しており、いくつかの世論調査では、デサンティス氏は同州で第4位、あるいは第5位に落ち込んでいる。

また、アイオワ州でのヘイリー氏の支持率も上昇している。過去1か月に行われた2回の世論調査では、彼女がデサンティス氏と並んで同州で第2位になっていることが示されている。

フロリダ州知事ロン・デサンティス氏

デサンティス氏の選挙キャンペーンの勢いは否定できないが、期待には達していない模様である。去年11月の中間選挙後、彼の支持率は一時的に急上昇したが、今年早くに正式にキャンペーンを開始してからは、その勢いは若干弱まっている。

しかし、今週彼は重要な支持を2つ獲得した。アイオワ州のキム・レイノルズ知事と同州の著名な保守派活動家ボブ・バンダー・プラッツ氏が相次いで彼を支持する声明を発表している。

IT企業家のビベック・ラマスワミ氏

共和党の指名争いは、依然として3強の戦いであり、ラマスワミ氏が指名を勝ち取る可能性は非常に低いと言われている。FiveThirtyEightのウェブサイトによる世論調査の平均値では、この38歳の起業家は全国で5%、アイオワ州で5%、ニューハンプシャー州で7%の支持を得ている。

クリス・クリスティ前ニュージャージー州知事

クリスティ氏はトランプ氏の最も激しい批判者の一人であり、トランプ氏への攻撃によりメディアの大きな注目を集めている。しかし、共和党の大多数の有権者がトランプ氏に好意的であるため、クリスティ氏の支持率は低い。

李馨
関連特集: アメリカ