北米・中南米 真善忍は素晴らしい!

米国国会議事堂にて国旗を掲げ、世界法輪大法日を祝賀

2024/05/21
更新: 2024/05/21

2024年5月13日、米国国会議事堂の前で、ある特別な意味を持つ米国国旗が掲揚された。これは、法輪功の創始者である李洪志氏に対する敬意と、法輪大法が社会にもたらした素晴らしい影響を称え、世界法輪大法日を祝う行事の一環だ。

ペンシルベニア州の国会議員、ブライアン・フィッツパトリック氏が、敬意を表すため、5月13日に、米国会議事堂の前で掲げられた米国国旗を、法輪功の創始者李洪志氏に捧げた。

フィッツパトリック議員は、表彰状に次のように記述した。「2024年5月13日、この米国国旗は国会議事堂の上空に掲げられ、法輪大法の創始者であり指導者である李洪志氏が、世界に法輪大法を広め、その核心である真・善・忍の原則を教えたことを特別に讃える。あなたの伝説は、世界中の新しい世代のリーダーたちに感銘を与え、彼らが自信を持って進む助けとなるだろう」

米国国会が世界法輪大法日を祝して国旗を掲げるのは今年で3年目を迎える。このイベントを始めたフィラデルフィアの法輪功学習者、ジェニー・シークスさんは、法輪功への長年の支援に対してフィッツパトリック議員に感謝の意を示している。

シークスさんは、国会議事堂での国旗掲揚が大きな意義を持つと強調した。それは、中国本土で現在も迫害を受けている法輪功の修練者たちに勇気を与えること、そして「真、善、忍」という法輪大法の原則を米国国民や世界の人々に広めることに他ならない。彼女は、「これら普遍的な価値観を受け入れることで、より良い未来が開ける」と述べた。

5月13日の世界法輪大法日には、世界中の政治指導者から法輪功に対して、数百通の称賛と祝福のメッセージが寄せられた。彼らは、李洪志先生の法輪大法を普及させた功績に感謝し、この教えが数億人の心身の健康を改善し、個人と社会に幸福をもたらしていることを称えている。また、法輪功の修練者たちが社会に対して果たしている献身的な貢献にも敬意を表している。

関連特集: 北米・中南米