中国人、信じてロシア軍に志願入隊…「当局に見捨てられる」

ロシア・ウクライナ戦争の最前線に投入された中国人たちが「ロシアも中国も私たちを見捨てた」と助けを求めている。最近、ソーシャルメディアには、ロシア軍に志願入隊したとされる中国人が戦場で経験したことを暴露する映像が多数アップされている。ある映像には、中国広東省出身だと明かした男性が登場し、「ロシア軍は私たちを人間として見ていない。中国人を最も危険な地域に投入している」とし、「数十人のうち6~7人だけがかろうじて生き残った」と話した。
2024/04/17 Cindy Li

【独自】頭に銃口突きつけられ、危機一発…中国人家族決死の渡米、ワクチン問題も一因に

「サブマシンガンの銃口を頭に突きつけられそうになった。身代金を払っても解放してもらえず、人生がこれでおしまいかと思った」中国南部出身の李年さんは米国でエポックタイムズの取材に応じ、決死の逃避行の一部始終を語った。

神戸学院大学の中国人教授が半年行方不明…昨年は習近平出席の華人大会に参加

神戸学院大学グローバル・コミュニケーション学部で中国語を教えている胡士雲教授が昨年夏、中国に一時帰国して以来、約半年間行方不明になっている。胡教授は昨年5月、中国共産党党首習近平も出席する北京の華僑華人大会にも出席し、大阪総領事館の外交顧問を務めるなど、当局と近い関係にあったとみられる。
2024/03/19 佐渡道世

<写真あり>米FBI、ニューヨーク市長の女性顧問を家宅捜索 中国秘密警察署とも関係か

米FBIは現地時間2月29日、職権濫用などの疑いがあるとして、ニューヨーク市長エリック・アダムス氏の顧問で中国系女性のウィニー・グレコ氏の自宅を家宅捜索した。現地メディアは、グレコ氏と秘密警察署との関係性にも注目している。
2024/03/05 Wenliang Wang

中国人による「不動産爆買い」で東京の住宅価格が急上昇 富裕層の資産脱出か

ここ数年、中国人の間で「潤(脱出)」が話題になっている。中国共産党(中共)の厳しい統制の下で、どのようにして人やお金を「国外に持ち出す」ことができるのか。 日本で不動産を購入することが中国人の「海外脱出」の手段のひとつになっている。
2023/12/14 趙斌

旅券の窓口担当者、日本国籍所有者に限定 中国人情報持ち出し事件受け外務省が通知

外務省がパスポート発給窓口の担当者を日本国籍を持つ人に限定するよう、47都道府県の担当部署につうしを出したことが27日、同省関係者への取材で分かった。警視庁の発表の前から通報を受けており、「なんとかしなければならないと、急ぎ検討を進めていた」という。
2023/11/27 Wenliang Wang

警視庁公安部、都パスポートセンターの中国人元従業員を書類送検 1920人分の個人情報持ち出し

警視庁公安部は24日、池袋のパスポートセンターに勤務していた中国人の女性派遣社員(52)を窃盗容疑で書類送検した。東京都によると、女性はパスポート申請者の氏名、住所、電話番号など1920人分の個人情報を持ち出していたという。
2023/11/24 Wenliang Wang

中共スパイ、観光客装い米軍基地を盗撮 ドローン用いるケースも

米国当局は、近年、中国人観光客がアラスカの軍事基地への侵入を繰り返し試みていると報じた。当局はそのような観光客を中国共産党(中共)のスパイの疑いを持っている。
2023/06/03 Wenliang Wang, 大道修

ウクライナ国境で見つかった新生児、代理出産の子=当局発表

ウクライナ検察当局は、新生児2人を同国から連れ出そうとして逮捕した中国人男らは留学生であり、赤ちゃんは代理出産で生まれたと発表した。
2022/03/17

ウクライナ侵攻 窮地に立たされた在外中国人

日米英など多くの国は、ロシアによるウクライナ侵攻の数週間前に、自国民に国外退避を勧告したが、中国政府はそうした呼びかけをしなかった。米ボイス・オブ・アメリカ(VOA)はウクライナに足止めされている中国人の窮地を報じた。
2022/03/03

ネッシー? ネス湖を撮影していたウェブカメラに怪しい黒い点

ネッシーは、イギリスのネス湖に生息すると言われている謎の生物で、ネス湖には世界中の人々が訪れ、またウェブカメラで監視したりとホットスポットの1つだ。 先日、中国本土在住の女性がウェブカメラでこの怪獣を目撃し、目撃情報があった公式サイトに画像を投稿したところ、受理された出来事があった。 中国本土からの目撃情報が公式サイトに掲載されたのは初めてのことだ。
2021/09/30

19年中国人1000万人が海外移住、日米などが人気

中国の研究機関が12月22日発表した「中国国際移民報告2020」によると、2019年、中国国内から約1073万人が外国に移民した。米中関係が悪化したにもかかわらず、米国は中国人の中で最も人気のある移民先となった。日本とカナダは米国に次ぎ、2番目と3番目に人気のある国であるとわかった。
2020/12/25

中国人のベトナム脱出急増、不景気で国内雇用悪化が背景に

外資企業が中国から相次いで撤退したため、ベトナムに密入国しようとする中国の失業者が続出している。ベトナムの国境警備隊はこのほど、中越国境地帯で、中国広西チワン族自治区出身の不法入国者100人以上を逮捕した。米ラジオ・フリー・アジア(RFA)が10月28日伝えた。
2020/10/29

中国当局、亡命中の元スパイに脅迫か 台湾政界大物が直接関与の疑い=豪メディア

昨年11月にオーストラリアに亡命した中国の元スパイ・王立強氏は台湾野党の大物政治家から脅迫を受けた、と豪紙・シドニー・モーニング・ヘラルドは8日に伝えた。それによると、王氏は昨年12月25日、「自分が中国のスパイだ」などの発言を撤回するようにと脅かされた。撤回しない場合、「中国に送還され、命に危険があるかもしれない」という。
2020/01/11

トランプ氏別荘侵入の中国人女、宿泊先から複数電子機器

米フロリダ州にあるトランプ大統領の別荘「マール・ア・ラーゴ」に不法侵入したとして逮捕・起訴された中国人の女は8日、地元連邦地裁での保釈聴聞会に出廷した。検察側は、女が宿泊したホテルの部屋から、隠しカメラを発見するための装置や、USBメモリー9個、SIMカード5枚、現金7500ドル(約83万3520円)と663人民元(約1万0978円)を見つけたのを明らかにした。
2019/04/10

間も無く花見シーズン、中国から60万人が訪日の予想

中国大手オンライン旅行会社のシートリップ(Ctrip)が9日、花見シーズンの観光客の動向についてレポートを発表した。今年のシーズン中に60万人の中国人が訪日すると予測されている。
2018/03/13

ある日本人が教えてくれた、相手の長所を学ぶということ

私には、師と仰ぐ三辺さんという日本人がいる。三辺さんの「生徒」だったのはたった6ケ月だったが、私の人生は三辺さんから大きな影響を受けたと言える。
2017/05/04

コラム:なぜ中国人の道徳レベルは低いのか

この文章は5年前、日本に15年以上滞在する知日家の中国人男性が大紀元に寄せたものです。中国での窃盗など犯罪や、日本に伝わった伝統観念にもとづく教育などを通じて、「なぜ中国人の道徳レベルは低いのか」を説明しています。
2017/05/03

中国人留学生から見た日本の大学生

日本にいる中国人留学生たちは、日本の大学や大学生をどうみているのでしょうか?日中両国間の大学の違いについて、中国人留学生たちにインタビューしました。
2016/09/09

英EU離脱 「真の民主主義だ」と羨ましがる中国人

現地時間6月23日に行われたイギリスのEU離脱是非を問う国民投票では、離脱派が約1741万票(51.9%)、残留派が約1614万票(48.1%)で、イギリスはEUから離脱することが決まった。今回の国民投票には過去最多の約4650万人が有権者登録をした。
2016/06/27

「読書しない中国人」年平均で0.7冊 あるインド人の憂慮

あるインド人エンジニアによるエッセイ『読書を忘れた中国人を憂慮する』が中国のネット上で話題になっている。このエンジニアは、読書しない中国社会に、いずれその代償を支払うときがくるのではないかと憂慮しており、中国人に「することがなければ、友達を誘って図書館に行こう!」と熱く呼びかけている。
2016/06/04

旧正月爆買いに温度差、豪州「値段に敏感」、香港「中国人激減」

今年の中国旧正月大型連休で世界各国に出かける中国人の爆買いぶりに温度差が現れているようだ。日本で相変わらず日本製品を爆買いしている中国人に対して、オーストラリアや香港を訪れる中国人の爆買いが見えなくなった。2月9日付ロイターが伝えた。
2016/02/12

韓国済州島 中国人投資ブーム

【大紀元日本9月5日】韓国の済州島(チェジュ島)で、一定の額を投資すれば永住権を獲得できるという現地限定の移民政策が中国人の投資ブームを呼んでいる。 済州特別自治道がこのほど韓国国土交通委員会に提出し
2014/09/05

シドニー住宅物件、買い手の8割が中国人 今後1年で10%上昇も

【大紀元日本9月19日】シドニーの住宅物件の買い手の80%が中国人。ブルームバーグは13日、地元不動産業者からの情報として中国勢の需要で同地住宅価格がこの先1年で最大10%上昇するとの予測を報じた。 
2013/09/19

中国人客 マニラ空港で強制送還 機内で迷惑行為

【大紀元日本6月6日】フィリピン首都マニラのニノイ・アキノ国際空港で1日、客室乗務員に迷惑行為を働いた中国人客が入国を拒否され、フィリピン当局により中国へ強制送還される騒ぎが起きた。フィリピンの華字紙
2013/06/06

神韻公演を観る勇気のない海外中国人へ

 【大紀元日本8月22日】中国の高速鉄道事故は海外メディアで大きく取り上げられた。その事故処理の方法だけでなく、中国政府が「報道禁止」を全国のメディアに通達し、強制的に情報統制したことも話題となった。
2011/08/22

インド警察、越境中国人3人を逮捕 軍施設撮影で

 【大紀元日本1月21日】インド警察当局は17日、ネパールとの国境地帯で越境した3人の中国人を逮捕した。3人は不法にインドに入国し、国境警備隊の駐屯地を撮影したという。さらに3人にはマネーロンダリング
2011/01/21

在日・中国人民主活動家、難民認定される

 【大紀元日本4月8日】日本在住の中国人男性で、日本政府に難民申請していた民主活動家、夏一凡さんが7日、政治難民として認定された。 今回の認定は、今年3月に日本が「出入国管理及び難民認定法」の修正案を
2009/04/08