大紀元時報
トップ 薄熙来
薄熙来
中国最高指導部の権力闘争や性的接待に関わった国民的歌手、湯燦氏が7年ぶりに公の場に現れた(大紀元資料室)
2018.05.10
周永康の愛人が釈放か、7年ぶりに姿現す

中国最高指導部の権力闘争・性的接待に関与し、2011年末頃以降当局に拘束されたとみられる国民的歌手・湯燦氏(43)が約7年ぶりに公の場に現れた。このほど、湯氏に関...

2017年11月、イタリアのセビリア市で開催された人体標本展「ボディ・ワールド」の展示作品(CRISTINA QUICLER/AFP/Getty Images)
2018.04.09
人体の不思議
物議を醸す人体標本展、ふたたび NZで今月開催

人体に通う血流や体液を合成樹脂に変え、人体を保存する技術を使用した人体標本の企画展示「ボディ・ワールド・ヴィータル」が4月23日~7月13日、ニュージーランドの最...

1月23日、中国臓器移植の問題について取り組むSMGネットワークの発足会が参議院議員会館で開かれた。マイクを手にするのは、同問題を調査する元カナダ政府アジア太平洋地域担当大臣デービッド・キルガー氏、その右がイスラエルの心臓外科医ジェイコブ・ラヴィ氏、手前は国際人権弁護士デービッド・マタス氏(山田宏参議院議員Twitterより)
2018.01.26
SMGネットワークが発足
非人道性疑われる中国臓器移植ビジネス 日本が係わらないよう呼びかけ 山田宏議員、城内実議員ら

非人道的行為が強く懸念されている中国臓器移植に、日本が係わらないよう問題周知し、国内の臓器移植環境と法整備を働きかける国会議員や地方議員、ジャーナリストらからなる...

反腐敗は継続すべきとする王岐山前中規委トップ。 (Getty Images)
2017.11.07
王岐山氏退任後初の執筆文、「政権転覆を防止せよ」

汚職摘発に尽力してきた王岐山氏が執筆した文章には、利益集団が「党と国の権力を奪取する」ことを防がなければならないと述べられた。これまで、一部党幹部による政権転覆の...

中規委の腐敗撲滅成果展示会で「政治不安のもと」と記された元指導部メンバー6人(ネット写真)
2017.10.23
中国証券当局トップ、周永康らが「政権転覆を図った」と言及

中国証券監督管理委員会の劉士余・主席は19日、中国共産党第19回全国代表大会のチーム別会議・金融業代表団の会議で、元(最高)指導部メンバーで汚職などの罪で無期懲役...

2012年に失脚した重慶市トップの薄熙来。5年後同市トップまたもや失脚した。(Photo by Feng Li/Getty Images)
2017.08.06
大紀元コラム
2つの重慶事件から見る習・江攻防の先行き

中共19大を控え、最高指導者層の次期人事をめぐる熾烈な駆け引きが続いている最中、7月15日中央政治局委員の孫政才が突然重慶市委書記を解任された。5年前の2012年...

中国では、臓器がどこから提供されているのか明かされていないが、臓器移植手術件数は年間数万件~十数万件と推計されている。(Jafaar Ashtiy/AFP/GettyImages)
2017.08.02
臓器狩りの闇
中国移植の権威、「3年後には移植世界一」と豪語 専門家「プロバガンダ」

中国衛生部(厚生省)の前副部長・黄潔夫氏は7月26日、AP通信の取材に応え、現在、すでにドナー登録者は21万人を数え、2020年には、中国は米国を抜いて世界一の移...

孫政才は江沢民派として法輪功迫害に参加してきた疑いがある。(新唐人テレビ)
2017.07.16
反腐敗
前重慶市トップの孫政才氏が失脚か 後任は習近平氏の側近

15日に解任された重慶市トップの孫政才市党委員会書記(53)は現在、重大な規律違反の疑いで共産党中央規律検査委員会の調査を受けている。海外メディア数社は16 日に...

(YouTubeスクリーンショット)
2016.11.08
汚職の実態
腐敗撲滅ドキュメンタリーから見る習政権の意図

中国国営放送局の中央電視台(CCTV)が17日から連続9日間、高官の汚職実態を収録した長編ドキュメンタリー「永遠に歩み続ける(永遠在路上)」の全篇を放送した。腐敗...

新華社「参考データ」は政権高官向けの特権情報資料「内参」に属し、秘密扱いにされるものであり、読後回収処分されることになる。
2016.06.03
中国情報の真相
中国高官の必読する極秘資料「内参」とは

このほど中国メディアが共産党内部の極秘資料「内参」の実態について公開し、その情報の信憑性や正確さなどはいずれも一般メディアが報じる内容をはるかに凌いでいると報じた...

習近平国家主席の内部談話の一部を収録した本が出版された(Getty Images)
2016.02.04
習近平内部談話 周永康らの政変活動を示唆

新年はじめから一般発売されている習近平国家主席の一部の内部談話を収録した本「習近平関于党的紀律和規矩論述摘編」には、元最高指導部メンバーの周永康や、薄熙来らが「政...

 大連実徳集団の前会長・徐明受刑者 (AFP)
2015.06.03
薄熙来失脚の重要証人 年内釈放の可能性も

【大紀元日本6月3日】中国の元重慶書記薄熙来の失脚に巻き込まれた大連実徳集団の前会長・徐明受刑者(44)が、年内に釈放される可能性があることが分かった。中国のポー...

 ロック元米駐中国大使 (Getty Images)
2015.05.21
元米駐中国大使、王立軍亡命未遂事件の裏を語る

【大紀元日本5月21日】2012年2月に起きた中国重慶市元公安局長・王立軍の米総領事館亡命未遂事件。当時のゲイリー・フェイ・ロック(中国名・駱家輝)米駐中国大使(...

 曽慶紅元副主席 (TEH ENG KOON/AFP)
2015.04.06
曽慶紅・元副主席、周永康らと「違法な政治活動を展開」=香港争鳴誌

【大紀元日本4月6日】香港政論誌「争鳴」4月号は、元最高指導者・江沢民氏の右腕で党内序列5位だった曽慶紅が、失脚した周永康と令計画氏と共に「違法な政治活動」を行っ...

2015.01.15
周永康と薄熙来が「大事」を計画=親中派香港誌

【大紀元日本1月15日】香港誌・鳳凰週刊は最新号で、失脚した前最高指導部メンバーの周永康と、無期懲役刑で服役中の重慶市元トップ薄熙来の「黒い関係」を伝えた。中国問...

2010年1月、米国訪問中に『2012台湾大劫難』の新書発表会で読者と会見する袁紅氷氏(左)(大紀元)
2014.12.26
「令計画の息子の死は太子党に仕組まれた」 袁紅氷氏が新著で見解

【大紀元日本12月26日】22日に「重大な規律違反」で党の取り調べを受けていると発表された中共中央統戦部のトップ令計画氏。現最高指導者習近平氏の味方とみられている...

 厳戒体制下の天安門広場 (Getty Images)
2014.12.16
中国共産党の滅亡危機 執政は国民が決めるべき

【大紀元日本12月16日】中国政府は6日早朝、江沢民派のメンバーで前中央政治局常務委員、前中央政法委トップの周永康に対する党籍剥奪、司法機関への身柄移行の処分、逮...

死刑かと取沙汰されている周永康 (大紀元合成写真)
2014.12.12
中国共産党機関紙、周永康の死刑を匂わす報道 「重要なメッセージである」

【大紀元日本12月12日】「人民日報」政文部は10日、公式ウェブサイト微信(WECHAT)で、逮捕の決定が発表された元最高指導部メンバー周永康に関して、「その一連...

温家宝前首相 (スクリーンショット)
2014.08.21
なぜ温家宝首相は攻撃されたのか 周永康氏の凋落で明かされた内幕

【大紀元日本8月21日】中国の温家宝前首相は就任前後から、海外メディアに「家族が金をかき集め私腹を肥やしていた」と報じられ、しきりに攻撃を受けていた。周永康・前政...

徐才厚失脚の原因がわかるとされる写真 (ネット写真)
2014.07.02
一枚の写真から中国軍の元ナンバー2、徐才厚失脚の原因がわかる

【大紀元日本7月2日】中国共産党中央政治局は6月30日、収賄などを理由に徐才厚・前中央軍事委員会副主席(71)に対し、党籍剥奪の処分を下した。その徐と薄熙来(無期...

元中共中央政治局常務委員会常務委員・周永康 (AFP)
2014.04.28
周永康の親族全員を拘束か 来月調査発表の情報も

【大紀元日本4月28日】米華字ニュースサイト博訊網は消息筋の話として、中国当局は5月に最高指導部元メンバーで、汚職疑惑をかけられている周永康(71)に対する調査を...

22日の判決公判でライブ映像に映しだされた薄熙来 (Feng Li/Getty Images)
2013.09.25
薄熙来裁判 シナリオ通りも「反撃の隙を与えた」 上訴では仲間を売るか

【大紀元日本9月25日】22日、収賄、横領、職権乱用の罪で無期懲役の判決を受けた元重慶市トップの薄熙来被告(64)。中国問題の専門家らは、その判決の裏を分析し、習...

9月5日、大阪で講演中のデービッド・マタス氏 (新唐人)
2013.09.13
デービッド・マタス講演記録 日本は何をなすべきか(前編)

【大紀元日本9月13日】(本編は9月2日に東京都庁内の会議室で行われたデービッド・マタス氏の報告会の内容を、同時通訳された日本語の録音をもとに編集したものです。前...

ニューヨークで開かれたコロンビア大学ロースクールの学生たちが集うパーティに薄瓜瓜氏と見られる男性(ネット写真)
2013.09.07
薄熙来の公判後、息子の瓜瓜氏は学生パーティに出席

【大紀元日本9月7日】中国共産党元幹部・薄熙来被告が山東省の済南地裁で収賄や職権乱用などの罪を問われる公判が終わった。そのわずか数日後、息子の瓜瓜氏は、のん気にニ...

2013.08.07
「北戴河会議」開幕 指導部や長老集結 経済政策・党運営が議題

【大紀元日本8月7日】北京から東へ車を3時間走らせれば、河北省の避暑地・北戴河にたどり着く。この人口わずか7万人の地区は毎年夏になると、指導部や党長老らが集まり、...

コロンビア大学ロースクールの入学者氏名に薄瓜瓜(Guagua Bo)氏の名前が登録されている (スクリーンショット)
2013.07.31
薄熙来の息子、米国名門校に今秋入学 中国に戻る気配なし

【大紀元日本7月31日】両親の逮捕後も、息子は米国に滞在し続けるようだ。元中国高官・薄熙来容疑者の息子である薄瓜瓜氏(25)は今秋、米国の名門校コロンビア大学ロー...

ウィーンのオーストリア国立歴史博物館(Jorge Láscar/Flickr)
2013.07.24
「人体の不思議展」死体は誰か ハーゲンス博士にDNA鑑定要求

死体標本となった人物は誰なのか。ドイツの解剖学者グンター・フォン・ハーゲンス氏の死体保存法を用いて、生々しい肉体内部をさらした死体がポーズを取る展示会「Body ...

阿鼻叫喚の暗部を覆い隠す立派な外見。馬三家労働教養所(ネット写真)
2013.04.12
「彼らは人間ではなく、獣だ」 中国誌、労働教養所の闇を暴く 制度をめぐる攻防戦

2月始め、身を刺す寒さのなか、遼寧省大連市に住む王振さんは、同省の馬三家(マサンジャ)強制労働教養所(以下、馬三家)から釈放されたばかりの女性に会った。女性は王さ...

   退任する周永康氏(LIU JIN/AFP)
2012.11.20
周永康氏が退任へ、過大な権限に指導部が警戒

   退任する周永康氏(LIU JIN/AFP)【大紀元日本11月20日】中国共産党の新指導部は19日、発足後の初となる人事異動を発表した。国内治安維持などを所管...

2012.11.07
殺害された英国人、薄熙来一家の個人情報をMI6に報告か

【大紀元日本11月7日】薄家を取り巻く事件の裏を、英国は把握していたか―失脚した薄熙来元重慶市トップの妻、谷開来被告が英国人ビジネスマンを殺害した事件で、被害者は...

^