瀋陽のレストラン、日本と米国の「疫病を歓迎」政府公認プロパガンダか

2020年03月23日 22時56分

中国遼寧省瀋陽市にあるレストランは、米国と日本の中共ウイルス(武漢肺炎、COVID-19)流行について「疫病が長く続くように」と書かれたスローガンを掲載した。ネットユーザーたちは、印刷方法などから現地の中国共産党宣伝部が製造したものと見ている。 23日午後には撤去された。

3月23日に中国国内のソーシャルサイトで公開された写真には、「米国の流行を熱烈に祝福し、小日本の疫病が順調に長く続くことを祝う」と書かれている。レストランは、北京本部の広東料理チェーン「楊媽媽粥品専家」瀋陽市太原街の店舗とみられる。

このスローガンは、国内外からの反発を招いた。ネットユーザーは、こうした共産党宣伝部が作成する形式の横断幕は、掲示するのにも現地政府の承認が必要だと指摘した。

北京のメディア・新京報によると、地元市民は22日にはネット写真と同様のスローガンを目撃したと報じた。同報道によると、23日午後には、太原街警察署が状況調査を始めたという。

写真は中国および海外のソーシャルサイトで話題を呼んだ。レストランの評価を付ける口コミサイトには、同店舗のスローガン掲載に対する批判が多く書き込まれた。

「もし良心と知恵があるならば、この人類に対する災害に対して、反人道的な行動をしていいと思えるのか」「偏狭な民族主義だ。疫病を良いことなんて言えるはずがない。人間性はないのか」「これで客を引き寄せられると思っているのだろうか」「瀋陽で感染症が流行したとき、日本や韓国の友人は多数の医療物資を送ってくれた。また、こちらも日本や韓国、欧州を支援した。このレストランのスローガンは、私たちの努力をじゃけんにして、瀋陽人の名誉を傷つけた。早くレストランが閉店することを願う」

中国本土で広がった感染症肺炎は、いま全世界に輸出され、世界160カ国以上を苦しませている。中国共産党はプロパガンダを強めて、起源をうやむやにしたり、国際支援をアピールすることで、責任追及を避けようとしている。

在米の弁護士・陳光誠氏はソーシャルサイトで、今回のレストランのスローガンの写真を転載して、「共産主義の赤い毒が、ウイルスの毒よりも凶暴であることを、改めて証明している」とコメントした。

(翻訳編集・佐渡道世)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^