米司法省、「千人計画」参加の中国系化学者に有罪判決 コカコーラ社から機密窃盗

2021年4月23日 22時22分

米司法省は22日、中国系住民の游曉蓉(XiaoRong You,59歳)博士に企業機密窃盗の共謀、産業スパイ、電信詐欺などの容疑で有罪判決を下したと発表した。

司法省の発表によると、游被告は2019年2月に企業機密窃盗と電信詐欺の罪で起訴され、2020年8月に産業スパイと経済スパイの共謀などの罪が追加されたという。

裁判資料や宣誓供述書によれば、同被告は飲料用缶の内側に施される「BPA(ビスフェノールA)フリー」のコーティングの配合処方に関する企業機密を盗んだという。 

これまで、食品の包装や缶詰めの内側のコーティングの原料に「ビスフェノールA」が使用されていた。「ビスフェノールA」はプラスチックを製造する際や、樹脂の原料として採用されてきた。食品の包装やボトルに含まれるこの類の化学物質が、熱で溶け出して体内に入ることがある。

健康リスクを考慮して、多くの企業は「ビスフェノールA」を含まない代替品を探しているが、研究開発には多くの費用と時間がかかる。

司法省によると同被告は、ジョージア州アトランタにある飲料大手のコカ・コーラ社でグローバルチーフエンジニア、テネシー州にある化学製造企業イーストマン・ケミカル社でパッケージアプリケーション開発マネージャーとしての勤務経歴を持っていた。

同被告は高度な専門職に就いていたため、機密情報にアクセスすることが可能だったという。起訴状によると、盗まれた企業秘密は、オランダのアクゾノーベル社、独BASF社、米ダウ・ケミカル社、米PPG社、日本トーヨーケム社、米シャーウィン・ウィリアムズ社、米イーストマン・ケミカル社など世界大手の化学会社やコーティング会社のもので、開発には1億2000万ドル近くの費用がかかった。

被告は盗んだ企業機密を利用して、中国で「BPAフリー」というコーティング会社を設立した。新会社の設立に、被告と協力企業の「威海金泓集団(Weihai Jinhong Group)」は、中国政府から数百万ドルの助成金を受け取っていた。「千人計画」の報酬金も含まれている。

「千人計画」とは、世界のトップ研究者を集める中国共産党政権の人材招致プロジェクトである。

裁判で提出されたほかの証拠は、被告が威海金弘集団だけでなく、中国政府、山東省や同省威海市にも利益をもたらす意図を示した。

米司法省によれば、游被告には11月1日に判決が下される予定だ。

(大紀元日本ウェブ編集部)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^