中国「戦狼画家」、G7外相らを八カ国連合軍と揶揄 集合写真をパロディ化

2021年5月8日 13時36分

中国当局の政治宣伝に協力するCG画家「烏合麒麟」は7日、G7(主要7カ国)外相会合を、まるで120年前の八カ国連合軍だと揶揄し、パロディ化したCG写真を中国版ツイッター、微博(ウェイボー)に公開した。

5日に終了したG7外相会合が共同声明で、中国の覇権主義的行動や人権弾圧などに懸念を表明したことが背景にあるとみられる。

「烏合麒麟」はウェイボーのプロフィールで、「戦狼画家」「宮廷画家」「義和団小将」などと自己紹介する。これまで、中国共産党のプロパガンダ宣伝に合わせて、欧米諸国の政府やメディアを攻撃する作品をウェイボーに投稿してきた。

同氏は今回、主要7カ国の外相とゲストに招かれた韓国の外相8人の集合写真を、軍服を着用した西洋人8人の白黒写真に変えた。会合開催地を示す「英国2021(United Kingdom 2021)」の文字が写真から消え、代わりに「侵略者帝国1900(Invaders United kingdom 1900)」の文言が書かれた。「烏合麒麟」はこの投稿に「前回、奴らが中国のことで集まったのは1900年の時だった。120年も過ぎたのに、奴らはまだ夢を見ている」とのコメントを付けた。

中国のCG画家が微博で、G7外相会合をまるで八カ国連合軍だと揶揄する作品を投稿(微博よりスクリーンショット)

パロディ化されたCG写真の左側に、点滴を受けているインド人の様子も描かれた。

中国政府系メディア「中国網」や「北京日報」などが、この投稿を取り上げた。官製メディアは、点滴を受けているインド人について「今、インドで新型コロナウイルスの感染状況はコントロールできないほど深刻化したことを示唆した」との認識を示した。

G7外相会合の共同声明は、「中国」というカテゴリーを設け、中国を強くけん制する内容となった。中国当局による新疆ウイグル自治区の人権抑圧、香港の民主派に対する弾圧などを批判し、台湾問題を初めて明記した。

共同声明を受けて、中国外務省の汪文斌報道官は6日、「中国の主権に対する乱暴な干渉であり、強く非難する」と反発した。国営新華社通信も、G7外相会合は「偽善者」の集まりだと糾弾した。

「烏合麒麟」は昨年11月、オーストラリア兵が血の付いた刃物を子どもに突きつけている合成写真を作成し、公開した。のちに中国外務省の趙立堅副報道局長が写真をツイッターに投稿し、物議を醸した。モリソン豪首相はこの投稿について「不快極まりない」と非難し、中国に謝罪を要求した。

(翻訳編集・張哲)
 

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^