特別報道

【特別報道】中国共産党を排除すれば 習近平氏は歴史上の英雄になる

 中国初代の大統領に

 江沢民を逮捕し、法輪功弾圧を中止することができれば、習氏の歴史的地位は、ミラノ勅令を発布し、300年に及ぶキリスト教への弾圧を終焉させたコンスタンティヌス1世と同等になる。いや、習氏にできることはそれ以上だ。

 中国の政治、経済、文化の分野における全面的復興を目指し、アヘン戦争以来の近・現代化過程で受けてきた挫折、屈辱、深い苦難から民族を救い出すことができる。

 政治分野では、多党制、報道の自由、結社の自由を実現できる。未来の中国が民主国家に変わるなら、習氏は共産党解体という大きな貢献で国民の強い支持を勝ち取り、選挙で初代大統領に選ばれるであろう。そして中国の新しい道のりがはじまる。そのとき、習氏は国際社会の評価と称賛を受けるはずだ。

 経済の分野では、政局が安定して、経済が持ち直し再び発展を遂げ、文化の分野では、これまでの公開談話で中華伝統文化への支持を示した習氏は復興に尽力するだろう。もう一つの課題は、中国社会全体に浸透した共産党のイデオロギーを根絶させることだ。

 また、教育、医療、社会保障、環境保護など諸々の産業をも抜本的に立て直すことになるだろう。

 結論

 現在、2億人以上の中国人が大紀元のウェブサイトで中国共産党とその関連組織「共産主義青年団」「少年先鋒隊」からの離脱を声明した。もし、習氏が中国共産党を解体し、中国を民主国家に転換させるという偉業を果たすことができれば、それは同氏個人の栄耀だけでなく、中華民族の幸運でもある。

 歴史は習氏にチャンスを与えようとしている。この機運を生かせるかどうかは本人次第だ。

(翻訳・叶子)