大紀元時報

北朝鮮の金常任委員長に、拉致・核・ミサイルの日本側の主張伝えた=安倍首相

2018年02月13日 10時29分
 2月13日、安倍晋三首相は午前の衆院予算委員会で、平昌五輪の開会式関連のイベントで北朝鮮の金永南・最高人民会議常任委員長と接した際に、拉致・核・ミサイルに関する日本側の主張を伝えたと述べた。写真は9日、韓国・平昌近くの襄陽国際空港に到着した時の同首相(2018年 ロイター)
 2月13日、安倍晋三首相は午前の衆院予算委員会で、平昌五輪の開会式関連のイベントで北朝鮮の金永南・最高人民会議常任委員長と接した際に、拉致・核・ミサイルに関する日本側の主張を伝えたと述べた。写真は9日、韓国・平昌近くの襄陽国際空港に到着した時の同首相(2018年 ロイター)

[東京 13日 ロイター] - 安倍晋三首相は13日午前の衆院予算委員会で、平昌五輪の開会式関連のイベントで北朝鮮の金永南・最高人民会議常任委員長と接した際に、拉致・核・ミサイルに関する日本側の主張を伝えたと述べた。

また、日韓首脳会談では、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮に対し、圧力を最大限に高めることで一致したと語った。

また、文大統領に対し「対話のための対話は、意味がないとはっきり伝え、その点でも一致した」と述べた。

 

(田巻一彦)

^