大紀元時報

「トランプ大統領やナバロ氏は大紀元を読んでいる」米経済学者が発言

2018年11月29日 14時36分

米経済学者のクリス・ストリート(Chriss Street)氏は最近、中国問題を多く報じている大紀元時報(米ニューヨーク拠点)英字版について、トランプ大統領や通商顧問であるピーター・ナバロ氏も愛読していると述べた。

同氏は10月、カリフォルニア州で開かれた会議で大紀元の取材に応じた。

同氏は対中強硬論で知られる経済学者ピーター・ナバロ氏の長年の友人。ナバロ氏の著書で中国経済の構造を分析する『中国がもたらす死(Death By China)』映像版の制作に協力している。

ナバロ氏との会話で大紀元についての言及があったという。「友人のナバロは長年、大紀元を読んでいる。彼から、大統領も大紀元を読んでいると聞いている」

ストリート氏自身もナバロ氏の影響で、2006年から大紀元英語版エポックタイムズを読んでいる。中国記事への関心は高く「大紀元を通じて、中国の考え方を理解することができる」と述べた。

ストリート氏は、米国51番目の州を目指すニューカリフォルニア州執行委員会の副委員長を務める。10月初旬に開かれたニューカリフォルニア州独立運動の検討会議に出席した。

(記者・張徳輝、翻訳編集・張哲/佐渡道世)

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^