大紀元時報

英世論調査でEU残留派が国民投票後最大に、12ポイント差

2019年01月18日 12時07分

[ロンドン 17日 ロイター] - 調査会社ユーガブが16日、英国の有権者1070人を対象に行った世論調査によると、ブレグジット(英国の欧州連合離脱)の是非を問う国民投票が再度実施された場合、EU残留に投票すると答えた人の割合は48%と最も多くなった。また離脱に投票すると答えた人は38%にとどまった。

投票しない人は6%、分からないと答えた人は7%。双方を除いた残留派の割合は56%、離脱派は44%で、両者の差は12%ポイントと2016年の国民投票以降で最大となった。

^