大紀元時報

豪議員へのサイバー攻撃、外国政府が関与=首相

2019年02月18日 15時18分

[シドニー 18日 ロイター] - オーストラリアのモリソン首相は18日、同国の主要政党のコンピューターネットワークを狙ったサイバー攻撃について、おそらく外国政府が関与しているとの認識を示した。

具体的な国名は明らかにしなかった。

同国では5月に総選挙が実施される予定。今月は豪議会のコンピューターネットワークを狙ったサイバー攻撃があったことも明らかになっており、議員はパスワードの変更を指示されている。

首相は議会で「サイバー問題の専門家によると、洗練された国家がこの悪意ある活動に関与している」とし「自由党、労働党、国民党のネットワークも影響を受けたことが明らかになった」と述べた。

首相はどのような情報が狙われたのかは明らかにしなかったが、選挙妨害が行われれた証拠はないと述べた。

アナリストの間では、中国、ロシア、イランの関与を疑う声が出ている。

^