大紀元時報

中国 、山東省の海上で原発建設を計画 韓国は安全性に懸念

2019年04月10日 17時02分

中国メディアはこのほど、中国初となる浮揚式原発の建設を年内、山東省煙台市付近の海上で開始する予定だと報道した。煙台市は黄海を挟んで、朝鮮半島と対峙する。韓国メディアは、中国側の原発建設について懸念を示した。

中国メディア「北極星電力網」の3月の報道によれば、中国核動力研究設計院(NPIC)は、開発中のACP100S海上原発について、炉心溶融、小型化そして冷却システムの技術課題を克服した。また、NPICの羅琦院長の話を引用し、今年中に中国初の海上浮揚式原発建設を着工するとの見通しだという。

煙台市は地理的に朝鮮半島に近いため、韓国メディアは中国の海上原発に強い関心を示し、相次いで報道した。

米ラジオ・フリー・アジア(RFA)9日付によれば、2008年訪中した韓国元大統領の李明博氏は演説で、同国の仁川広域市では煙台市のニワトリの鳴き声が聞こえると述べ、両市の近さを強調した。両都市の実際距離は93海里(約172.236キロメートル)だ。

一部の韓国メディアは、津波や誤操作、またはテロ攻撃で原発事故が発生すれば、韓国が放射能汚染に見舞われる可能性があると指摘した。

RFAによると、韓国私立大学、檀国大学校の教授は、「日本で福島原発事故が発生した当時、多くの韓国市民が不安視した。中国の煙台市はさらに韓国に近い位置にあるため、韓国市民は強く危惧している」と述べた。韓国市民のなかに、中国海上原発建設に反対する署名活動を全国で行おうと呼び掛ける人々がいる。韓国政府はコメントを発表していない。

(翻訳編集・張哲)

関連キーワード
^