大紀元時報

米、産業スパイでGE元技術者ら起訴 「中国が金銭など支援」

2019年04月24日 16時00分

[ワシントン 23日 ロイター] - 米司法省は、中国に利益をもたらすために産業スパイ活動を行い、米ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>から企業秘密の窃盗を企てたとして、GE元技術者と中国人実業家の2人を正式起訴した。司法省が23日、起訴状を公表した。

米政府は今回初めて、GEを巡る産業スパイ活動が中国の利益のために行われ、中国政府がこれに「金銭面などの支援」を提供していたとの公式見解を示した。

起訴状によると、2人は14件の罪で18日に起訴された。鄭小清(Xiaoqing Zheng)被告(56)は職場だったGEパワー&ウォーターでガス・蒸気タービンの設計などに関するデータを含んだ複数の電子ファイルを暗号化して盗み、それらを電子メールで中国にいる実業家のZhaoxi Zhang被告に送付した。

鄭被告は昨年8月、GEから企業秘密を盗んだ疑いで、訴追されていた。

両被告は盗んだ情報を使って、中国で経営するタービン開発企業2社の利益につなげようとしたとされる。起訴状によると、この中国企業2社を通じて両被告は中国政府から金銭などの支援を受けていたほか、2人は中国政府当局者と連絡を取り合っていたという。

鄭被告は23日、無罪を主張。保釈が認められた。代理人はコメントを差し控えた。

GEは声明で今回の問題について「司法当局に協力している」と明らかにした。

陪審員による裁判は6月24日に設定されている。

*内容を追加しました。

^