大紀元時報

IAEA天野事務局長、任期前の辞意表明 健康上の理由=外交筋

2019年07月18日 11時15分
7月17日、国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長が任期前の来年3月にも辞任する意向を示していることが分かった。3月撮影(2019年 ロイター/LEONHARD FOEGER)
7月17日、国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長が任期前の来年3月にも辞任する意向を示していることが分かった。3月撮影(2019年 ロイター/LEONHARD FOEGER)

[ウィーン 17日 ロイター] - 国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長(72)が任期前の来年3月にも辞任する意向を示している。外交筋が17日、明らかにした。健康上の理由だという。

事務局長の任期は4年。2017年に再任された天野氏は現在3期目で、任期終了は21年11月30日。

後任の選出にはIAEA全加盟国で構成される総会による承認が必要。通常は毎年9月に総会の年次会合が開催される。

後任となる可能性が高いのは、過去に天野氏と事務局長職を争うと予想されていたものの、立候補しなかったアルゼンチンのラファエル・グロッシIAEA大使か、IAEA主任調整官であるルーマニアのコーネル・フェルタ氏とみられる。

^