大紀元時報

バングラデシュで豪雨による洪水、少なくとも61人が死亡

2019年07月25日 11時33分
7月23日、バングラデシュの災害・救助当局によると、2週あまり続いているモンスーンの豪雨で洪水が発生し、少なくとも61人が死亡、国土の3分の1の範囲で家屋数千棟が浸水被害を受けている。写真は洪水に襲われた家。バングラディシュのジャマルプルで22日撮影(2019年 ロイター/Mohammad Ponir Hossain)
7月23日、バングラデシュの災害・救助当局によると、2週あまり続いているモンスーンの豪雨で洪水が発生し、少なくとも61人が死亡、国土の3分の1の範囲で家屋数千棟が浸水被害を受けている。写真は洪水に襲われた家。バングラディシュのジャマルプルで22日撮影(2019年 ロイター/Mohammad Ponir Hossain)

[ダッカ 23日 ロイター] - バングラデシュの災害・救助当局によると、2週あまり続いているモンスーンの豪雨で洪水が発生し、少なくとも61人が死亡、国土の3分の1の範囲で家屋数千棟が浸水被害を受けている。

被災者は300万人近くに達し、過去2年で最悪の水準という。

当局は、水は引きはじめているが、感染症拡大が懸念されると指摘。責任者はロイターとの電話で、「洪水被災地における水処理施設の設置を最優先課題に据えている」と述べた。

一方、2人の農務当局者は、初期推定による農業生産の損失は4000万ドル超とし、「各被災地から完全な報告が出てくれば被害は大幅に拡大するだろう」と述べた。

^