大紀元時報

メキシコ、米国境に展開する軍を増派の可能性=トランプ大統領

2019年07月25日 11時36分
7月24日、トランプ米大統領は、メキシコが米国境に展開する軍を増やす可能性があるとの見方を示した。写真は国境付近を警備するメキシコの国家警備員たち。(2019年 ロイター/JOSE LUIS GONZALEZ)
7月24日、トランプ米大統領は、メキシコが米国境に展開する軍を増やす可能性があるとの見方を示した。写真は国境付近を警備するメキシコの国家警備員たち。(2019年 ロイター/JOSE LUIS GONZALEZ)

[ワシントン 24日 ロイター] - トランプ米大統領は24日、メキシコが米国境に展開する軍を増やす可能性があるとの見方を示した。

大統領は、ウェストバージニア州に出発する際、ホワイトハウスで記者団に、メキシコが国境に軍を展開していることにより国境における移民拘束は「はるかに少なくなった」と指摘。「メキシコでは長年カルテル(麻薬密売組織)が国境を牛耳っており、(軍の展開は)メキシコにとっても良いことだ。メキシコ大統領はカルテルの一掃が必要としている。現在2万1000人が展開されており、今後増派されるだろう」と語った。

メキシコは今月、対メキシコ関税発動回避の条件として米国への移民流入抑制策を講じたことで、米国境における移民拘束数は6月に前月から30%減少したと発表した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

^