大紀元時報

環境に優しい通勤都市、東京・北京などアジア4市がトップ10入り

2019年10月17日 12時31分
10月16日、広告代理店世界最大手WPP傘下のデータ分析会社カンターが17日公表する調査結果によると、環境に優しい世界の通勤都市ランキングの上位に、東京、北京、シンガポールが入った。ソウルも7位となり、アジア都市のランク入りが目立った。写真は2014年9月に都内で撮影(2019年 ロイター/Yuya Shino)
10月16日、広告代理店世界最大手WPP傘下のデータ分析会社カンターが17日公表する調査結果によると、環境に優しい世界の通勤都市ランキングの上位に、東京、北京、シンガポールが入った。ソウルも7位となり、アジア都市のランク入りが目立った。写真は2014年9月に都内で撮影(2019年 ロイター/Yuya Shino)

[ブリュッセル 16日 ロイター] - 広告代理店世界最大手WPP傘下のデータ分析会社カンターが17日公表する調査結果によると、環境に優しい世界の通勤都市ランキングの上位に、東京、北京、シンガポールが入った。ソウルも7位となり、アジア都市のランク入りが目立った。

上位となった理由としては、人口が多いにもかかわらず、大半が徒歩や公共輸送機関を利用して通勤しており、自動車通勤が比較的少ないことが挙げられた。

カンターのシニアディレクター(交通分野担当)、ロルフ・カレン氏によると、北京では「2人に1人が公共交通機関で通勤している」という。

調査では、世界31都市で2万人に通勤手段を質問した。

欧州都市では、ロンドン、コペンハーゲン、アムステルダム、モスクワがナイロビ、サンパウロとともに上位10位以内に入った。

北米の都市は、上位に入らなかった。

^