大紀元時報

新型肺炎、仏でも感染拡大「始まりつつある」=マクロン大統領

2020年02月28日 09時17分
フランスのマクロン大統領は27日、新型コロナウイルスについて政府は万全の対策を進めているが、感染拡大は回避できない可能性があるとして警戒を呼び掛けた。写真は感染者が入院しているパリ市内の病院を訪問したマクロン大統領。代表撮影(2020年 ロイター)
フランスのマクロン大統領は27日、新型コロナウイルスについて政府は万全の対策を進めているが、感染拡大は回避できない可能性があるとして警戒を呼び掛けた。写真は感染者が入院しているパリ市内の病院を訪問したマクロン大統領。代表撮影(2020年 ロイター)

[パリ 27日 ロイター] - フランスのマクロン大統領は27日、新型コロナウイルスについて政府は万全の対策を進めているが、感染拡大は回避できない可能性があるとして警戒を呼び掛けた。

マクロン大統領は感染者が入院しているパリ市内の病院を訪問し、医師団に対し「われわれは危機に直面している。感染拡大は始まりつつある」と指摘。「まだ始まりに過ぎない」として警戒を呼び掛けた。

フランス国内の感染者数はこれまでのところ18人。死者は2人。欧州ではイタリアを中心に感染が拡大していることから、隣国のフランスは警戒を強めている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^