大紀元時報

ロシア、シリア沖に艦船2隻派遣 空爆巡り「トルコの対応不備」指摘

2020年02月28日 19時27分

[モスクワ 28日 ロイター] - ロシアは28日、トルコ軍兵士が27日にシリアのアサド政権軍の空爆で死亡したことを巡り、トルコ側の対応に問題があったと主張。また、シリア沖に巡行ミサイルを搭載した艦船2隻を派遣すると表明した。

シリア内戦を巡り、ロシアとトルコは連携を図っているが、ロシアはアサド政権の後ろ盾、トルコは反体制派を支援と双方の間には溝がある。

27日、シリア北西部イドリブ県で、アサド政権軍の空爆で、トルコ軍兵士33人が死亡。これにより、同地域で今月死亡したトルコ兵士は54人となった。トルコは28日、報復攻撃を実施、トルコ政府高官は、欧州を目指すシリア難民を阻止しない方針を示した。

RIA通信の28日の報道によると、ロシア国防省は、トルコ兵士が死亡した27日の空爆について、政権軍の攻撃は反体制派の掃討が目的と説明。ロシア軍はトルコ軍と常時連絡をとりあっているが、27日の攻撃については、事前に対象地域にトルコ軍兵士がいるという連絡はなかったと述べた。この空爆にロシア軍は参加しておらず、もしトルコ軍がいると知っていたら、トルコ兵の防護に全力をあげていたと主張したという。

インタファクス通信は28日、巡行ミサイルを搭載したロシア黒海艦隊の艦船2隻がシリア沖に派遣されると報じた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^