大紀元時報

サウジなどOPEC主要国、さらなる減産拡大を検討=関係筋

2020年02月29日 08時05分
2月28日、石油輸出国機構(OPEC)の主要加盟国が従来の減産枠を拡大を検討していることが、関係筋4人の話で分かった。写真は2016年9月、アルジェリアで(2020年 ロイター/Ramzi Boudina)
2月28日、石油輸出国機構(OPEC)の主要加盟国が従来の減産枠を拡大を検討していることが、関係筋4人の話で分かった。写真は2016年9月、アルジェリアで(2020年 ロイター/Ramzi Boudina)

[ロンドン 28日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)の主要加盟国が従来の減産枠を拡大を検討していることが、関係筋4人の話で分かった。新型コロナウイルスへの懸念を受け、原油価格は1バレル=50ドルに値下がりしている。

OPEC最大の産油国サウジアラビアなどが今年第2・四半期に日量100万バレルの減産拡大を検討しているという。これまでは60万バレルの減産拡大が提案されている。

原油価格<LOCc1>は需要減退や経済成長鈍化の見通しを背景に、年初来から約25%下落している。

OPEC加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」は日量170万バレルの協調減産を今年3月末まで実施している。今後の対応について、3月5─6日にウィーンで協議する。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^