大紀元時報

米大統領選、民主サンダース氏の支持率上昇 市場予想はトランプ氏再選

2020年03月02日 14時08分
2月28日、11月の米大統領選に向けた候補者選びで14州の予備選・党員集会が集中する3月3日のスーパーチューズデーを前に、民主党候補サンダース上院議員(写真)の支持率が急上昇している。写真はカリフォルニア州サンノゼで1日撮影(2020年 ロイター/Jonathan Ernst)
2月28日、11月の米大統領選に向けた候補者選びで14州の予備選・党員集会が集中する3月3日のスーパーチューズデーを前に、民主党候補サンダース上院議員(写真)の支持率が急上昇している。写真はカリフォルニア州サンノゼで1日撮影(2020年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ニューヨーク 28日 ロイター] - 11月の米大統領選に向けた候補者選びで14州の予備選・党員集会が集中する3月3日のスーパーチューズデーを前に、民主党候補サンダース上院議員の支持率が急上昇している。一方、ウォール街には共和党の現職トランプ氏の再選を見込む向きも多い。

投資家、エコノミスト、市場関係者を対象に実施され、2月に公表されたドイツ銀行の調査では、回答者の95%がトランプ大統領の再選の可能性が「相当ある」あるいは「若干ある」と答えた。

この結果は、より幅広い層を対象とした最近の一部の調査結果と異なる。2月19─25日に行われたロイター/イプソスの世論調査では、サンダース氏とトランプ氏が大統領選で対決した場合のサンダース氏の支持率がトランプ氏を7%ポイント上回った。

このように見通しが大きく異なることは、ウォール街の予想が外れ、民主党候補が大統領選で勝利する場合に、市場のボラティリティーを大きくする要因となり得る。とりわけ、製薬会社への批判を繰り返し、大手銀行の解体と民間保険の実質廃止を公約に掲げるサンダース氏が勝利する場合、市場への影響は大きい可能性がある。

フェデレーテッド・インベスターズ(ニューヨーク)の株式市場担当チーフストラテジスト、フィル・オーランド氏は「投資家として言えば、市場にとって最悪のシナリオはバーニー(・サンダース氏)かエリザベス・ウォーレン氏が大統領選で勝利することだ」とし、「それはわれわれの基本シナリオではないが、懸念ではある」と述べた。ウォーレン氏の公約もサンダース氏同様、ウォール街にとって望ましくないものだ。

サンダース氏がスーパーチューズデーで多数の代議員を獲得する場合、民主党の候補者選びで圧倒的優位に立つ可能性がある。

新型コロナウイルスの感染拡大による経済への影響が懸念される中、米株は続落している。

先のオーランド氏はサンダース氏が支持率を伸ばしていることも最近の株安の一因になったとみる。一部の投資家は市場の動揺継続あるいは景気減速でトランプ氏の支持率が低下する可能性を指摘する。

ただ、サンダース氏がスーパーチューズデーで圧勝した場合の市場全体への影響はさほど明確ではない。ドイツ銀の調査では、サンダース氏がトランプ氏との直接対決で勝利するとの回答はわずか13%だったのに対し、民主党候補のバイデン前副大統領がトランプ氏と対決して勝利するとの回答は22%、同じく民主党候補のブルームバーグ前ニューヨーク市長では45%だった。

一方、最近の最大の関心事は新型ウイルス問題だとし、選挙絡みのポートフォリオ調整にはまだ積極的でない投資家もいる。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^