大紀元時報

焦点:米大統領候補指名争いの天王山、スーパーチューズデーとは

2020年03月03日 09時11分
2月28日、米大統領選の民主党候補指名争いは、14州の予備選が集中する3日のスーパーチューズデーで大きな山場を迎える。写真はテキサス州ヒューストンの選挙集会に集まった、バーニー・サンダース上院議員の支持者ら。2月23日撮影(2020年 ロイター/Callaghan O'Hare)
2月28日、米大統領選の民主党候補指名争いは、14州の予備選が集中する3日のスーパーチューズデーで大きな山場を迎える。写真はテキサス州ヒューストンの選挙集会に集まった、バーニー・サンダース上院議員の支持者ら。2月23日撮影(2020年 ロイター/Callaghan O'Hare)

[ワシントン 28日 ロイター] - 米大統領選の民主党候補指名争いは、14州の予備選が集中する3日のスーパーチューズデーで大きな山場を迎える。11月の本選でどの候補にトランプ大統領と戦ってほしいのか、民主党員の意向がここでおおよそ明確になる。

2月に4州で実施された投票で選出された代議員が全体の5%未満なのに対し、スーパーチューズデーでは3分の1以上の代議員が選出される。7月の全国党大会で民主党候補としての指名を勝ち取るには代議員1991人を獲得する必要がある。

スーパーチューズデーについて、知っておくべきことをまとめた。

<スーパーチューズデーとは>

2月の投票は各州が別々の日に実施したが、3月3日は初めて同じ日にまとまった数の州が予備選と党員集会を行う。歴史を振り返ると、この日を境に候補者がさらに絞られている。

カリフォルニア、テキサス両州は代議員数がそれぞれ415人、228人と多いため、ここで勝てば最も価値ある勝利となる。米国の人口最多州カリフォルニアは、前回2016年の予備選を6月に実施したが、影響力を増すためにスーパーチューズデーに戻すことにした。

3日に予備選を実施するのはこの他、アラバマ、アーカンソー、コロラド、メーン、マサチューセッツ、ミネソタ、ノースカロライナ、オクラホマ、テネシー、ユタ、バーモント、バージニアの各州。また、米領サモアと海外在住民主党員の投票も同日行われる。

<何を選ぶのか>

スーパーチューズデーでは全代議員3979人のうち1357人が選ばれる。

各州とも、得票率が州全体、もしくは下院選挙区の15%に満たない候補は代議員を1人も獲得できない。

候補のうちサンダース、ウォーレン、クロブシャー、各上院議員は3日、それぞれの議員選出州でも投票が行われる。代議員数はサンダース氏のバーモント州が16人、ウォーレン氏のマサチューセッツ州が91人、クロブシャー氏のミネソタ州が75人。

ノースカロライナ州は110人枠だ。その他の州の代議員数はバージニア(99)、コロラド(67)、テネシー(64)、アラバマ(52)、オクラホマ(37)、アーカンソー(31)、ユタ(29)、メーン(24)。

海外在住民主党員の代議員数は13人、米領サモアは6人。 

<有力候補はだれか>

1カ所に時間と資金を投入するだけでは、スーパーチューズデーでは勝てない。テレビ広告を打つためのインフラと資金調達、各州でのスタッフ配備が必要になる。

カリフォルニア州の世論調査ではサンダース氏が首位に立っており、同氏はここでの勝利を弾みに大きくリードしたい意向だ。

ブルームバーグ前ニューヨーク市長は、初期の州投票を飛ばしてスーパーチューズデーに向けた広告に5億ドル以上を投じており、中道候補の中で首位の座をバイデン氏から奪いたいと考えている。

テキサス州では、ブルームバーグ氏がバイデン氏から中道票を奪うとみられるほか、両氏ともサンダース氏を破れると期待している。

上院議員3人の地元州の動向も注目される。サンダース氏はバーモント州で楽勝する見通しだが、ウォーレン、クロブシャー両氏は地元州で厳しい戦いを強いられそうだ。

<結果判明はいつか>

党員集会を開く米領サモアを除き、3日は全州が予備選州だ。このため、2月に実施されたアイオワ、ネバダ両州の党員集会のような投票結果の報告遅延は免れそうだ。

もっとも、これだけ多くの州が投票を行うため、全体の結果判明には数日を要するかもしれない。

投票が最初に締め切られるのは、米東部時間に位置する州で、3日午後7時(日本時間4日午前9時)。その直後から結果が少しずつ分かり始めるはずだが、すべての投票結果が判明し勝利宣言が行われるのは数時間後だろう。

カリフォルニア州の投票は現地時間午後8時(日本時間4日午後1時)に締め切られる。2016年大統領選は非常な接戦となったため、ヒラリー・クリントン候補の勝利宣言までに1カ月を要した。

同州当局者らは、今年も接戦で、候補者はもっと多いが、当時よりも早く決着すると期待している。

^