大紀元時報

米軍、新型肺炎ワクチン開発に着手=ミリー統合本部長

2020年03月03日 08時31分

[ワシントン 2日 ロイター] - 米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は2日、感染が急速に拡大している新型コロナウイルスに対するワクチンの開発が米軍の研究機関で進められていることを明らかにした。

ミリー氏は国防総省で行った記者会見で「軍の研究機関ではワクチンだけでなく、その他の面でも一貫した取り組みが続けられている」とし、「向こう数カ月でどのような結果が出るか待ちたい」と表明。取り組みが進められている軍の研究施設の1つとしてメリーランド州のフォート・デトリックにある施設を挙げた。

米保健当局はこれまで、新型ウイルスに対するワクチンの開発には最大1年半かかるとの見方を示している。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^