大紀元時報

新型ウイルス、必要なら躊躇なく対応=さらなる予算措置で安倍首相

2020年03月03日 11時20分
3月3日、安倍晋三首相は3日午前の参議院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大による日本経済への影響を見極め、さらなる予算措置について、必要なら躊躇(ちゅうちょ)なく対応していく考えを示した。写真は1月20日、国会で撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)
3月3日、安倍晋三首相は3日午前の参議院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大による日本経済への影響を見極め、さらなる予算措置について、必要なら躊躇(ちゅうちょ)なく対応していく考えを示した。写真は1月20日、国会で撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 3日 ロイター] - 安倍晋三首相は3日午前の参議院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大による日本経済への影響を見極め、さらなる予算措置について、必要なら躊躇(ちゅうちょ)なく対応していく考えを示した。

浜口誠委員(立憲・国民、新緑風会・社民)の質問に答えた。

安倍首相は、今年度補正予算や来年度予算は日本経済の下振れリスクにすでに対応したものだとの認識を示した上で、「さらに必要かどうかは、日本経済への影響を十分見極めながら、必要なら躊躇なく(対応を)断行する」と述べた。

また、2700億円を超える予備費を活用した緊急対応策を10日をめどにとりまとめる考えを改めて示した。

(石田仁志)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^