大紀元時報

焦点:米医療機関、新型ウイルス「流行不可避」でも備え不十分

2020年03月03日 15時16分
2月27日、米国は医療当局が新型コロナウイルスの国内での流行は不可避と警告を発し、予防措置を取るように呼び掛けたが、国民を守るべき医療機関の備えは十分ではないようだ。写真はニューヨークで、N95マスクを買いに薬局に入る女性(2020年 ロイター/Carlo Allegri)
2月27日、米国は医療当局が新型コロナウイルスの国内での流行は不可避と警告を発し、予防措置を取るように呼び掛けたが、国民を守るべき医療機関の備えは十分ではないようだ。写真はニューヨークで、N95マスクを買いに薬局に入る女性(2020年 ロイター/Carlo Allegri)

[27日 ロイター] - 米国は医療当局が新型コロナウイルスの国内での流行は不可避と警告を発し、予防措置を取るように呼び掛けたが、国民を守るべき医療機関の備えは十分ではないようだ。

新型ウイルスの検査が可能な機関は全米でもほんの一握り程度にすぎず、連邦政府のマスクの備蓄は必要数の10%以下にとどまっている。政府は予算の確保に動いているが、医療当局の取り組みを支えるにはまだ不十分だ。

さらに政府と感染症対策当局トップの間で事態の深刻さについて見解にずれが生じていることも先行き不透明感が強まる要因となっている。

米疾病対策センター(CDC)は今週初めて新型ウイルスの国内での感染拡大に備えるよう警鐘を鳴らした。一方、トランプ大統領は26日、米国民の感染リスクは「非常に低い」と発言。新型ウイルスが中国で発生して2カ月以上経過したが、トランプ政権が議会に25億ドル(約2720億円)の予算措置を求めたのは今週に入ってからだ。

政府の対応を巡っては、感染者の入国阻止に集中しすぎて国内の備えが後回しになり、貴重な数週間を無駄にしたとの批判が出ている。

シンクタンク「世界開発センター」の上級研究員、ジェレミー・コニンディク氏は「現実的なリスクが1カ月間続いているが、こうした準備が発動する兆しが表面化したのはこの数日になってからだ」と指摘。「由々しき問題だ」とした。

<少ない検査数>

米当局の26日の発表によると新型ウイルスの米国の感染者数は60人。しかし検査を受けられる人が非常に限られているため実際の数字は分からないと専門家も認めている。

米当局のこれまでの対応は海外への渡航歴のある感染者への検査にほぼ限定されており、23日までに検査を終えたかもしくは検査中の人数は500人弱。

米衛生試験協会(APHL)は26日、国内で新型ウイルスの検査が可能な地方自治体の医療機関はわずか7カ所と明らかにした。CDCが3週間前に供給を開始した新型ウイルス検査キットは、一部の機関で不正確な結果が出たため米食品医薬品局(FDA)の再検査と承認が必要となり、地方自治体の機関の多くは検査ができないでいるという。

APHLのスコット・ベッカー最高責任者はロイターの取材に、CDCとFDAが対応に当たっており、来週末までに40カ所以上の機関で検査が可能になるとの見通しを示した。

一方、CDCは国内の検査のほとんどを引き受け、負担が集中している。

医療当局者によると、検査結果の判明までに通常24-48時間掛かり、その間は検査を受けた人が感染を広げる可能性がある。

医療専門家によると、CDCの検査キットの利用は公的機関に限定されているが、国内で感染が広がれば病院でも検査できるようにする必要があるという。一般的に病院での検査には民間企業の検査キットが使われる。民間企業の開発した複数の検査キットが利用されているが、いずれもFDAの承認を受けていない。

専門家の間からは検査基準が狭いことが問題との指摘も出ている。現在は新型ウイルスの流行している国への渡航歴があり、インフルエンザのような症状が見られる患者に限って検査を行っている。このため米国内の感染者数は実際にははるかに多いとの懸念が広まっている。

CDCが26日にカリフォルニア州で感染経路が不明な患者が確認されたと発表したことで、こうした懸念は一段と高まった。

CDCは27日、検査基準を広げ、感染が疑われるケースでも検査を認める方針を打ち出した。

<マスクも足りず>

ロイターの調査では州の医療当局15カ所程度が、医療従事者の感染症予防のための装備が不足するなど地域の感染拡大への対応策について懸念を抱いていることが分かった。

保健福祉省が25日示した推計によると、医療従事者や一般市民を感染から守るためには3億枚のマスクが必要だが、戦略国家備蓄として用意されている医療従事者を守れるマスクは2000万枚以下だという。

全米救急医療技術者協会(NAEMT)のマット・ザバデスキ会長は「一般市民が必要がないのにマスクの購入に殺到することなどにより、マスクが手に入りづらくなるという懸念は本物だ」と述べた。

2人の米当局者がロイターに明らかにしたところによると、トランプ政権は「国防生産法」を通じて特別な権限を発動し、マスクや防護服の生産を拡大することを検討している。

CDCは25日、学校や企業の閉鎖、コンサートなどの中止により感染拡大のペースを遅らせることができるとの見解を示した。ただ、だれがこうした政策を決断するのか、どうやって実行に移すのかは不透明で、対応は州によって異なりそうだ。

(Julie Steenhuysen記者、Andrew Hay記者、Brad Brooks記者)

 

2月27日、米国は医療当局が新型コロナウイルスの国内での流行は不可避と警告を発し、予防措置を取るように呼び掛けたが、国民を守るべき医療機関の備えは十分ではないようだ。写真はニューヨークで、N95マスクを買いに薬局に入る女性(2020年 ロイター/Carlo Allegri)

 

^