大紀元時報

サウジ、近隣5カ国からの入国を制限 新型肺炎に警戒

2020年03月04日 10時48分
新型コロナウイルスの感染が中東地域でも拡大する中、サウジアラビアは3日、ペルシャ湾岸の6カ国で構成する湾岸協力会議(GCC)加盟国の国民と在住者に対し、域外から帰国後14日間はサウジへの入国を禁止した。メッカで撮影(2020年 ロイター)
新型コロナウイルスの感染が中東地域でも拡大する中、サウジアラビアは3日、ペルシャ湾岸の6カ国で構成する湾岸協力会議(GCC)加盟国の国民と在住者に対し、域外から帰国後14日間はサウジへの入国を禁止した。メッカで撮影(2020年 ロイター)

[リヤド 3日 ロイター] - 新型コロナウイルスの感染が中東地域でも拡大する中、サウジアラビアは3日、ペルシャ湾岸の6カ国で構成する湾岸協力会議(GCC)加盟国の国民と在住者に対し、域外から帰国後14日間はサウジへの入国を禁止した。国営サウジ通信(SPA)が報じた。

GCCにはサウジのほか、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン、クウェート、オマーン、カタールが加盟している。

サウジでは2日に初めて国内で感染が確認された。GCC全体では感染者数は145人を超えている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^