大紀元時報

OPECプラス合同委、日量100万バレルの追加減産を勧告

2020年03月04日 17時24分
石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟産油国で構成する「OPECプラス」の合同専門委員会(JTC)は3日、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けている原油価格の下支えに向け、日量100万バレルの追加減産を勧告した。ウィーンで昨年8月撮影(2020年 ロイター/Leonhard Foeger)
石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟産油国で構成する「OPECプラス」の合同専門委員会(JTC)は3日、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けている原油価格の下支えに向け、日量100万バレルの追加減産を勧告した。ウィーンで昨年8月撮影(2020年 ロイター/Leonhard Foeger)

[ウィーン 3日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟産油国で構成する「OPECプラス」の合同専門委員会(JTC)は3日、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けている原油価格の下支えに向け、日量100万バレルの追加減産を勧告した。

関係筋によると、サウジアラビアなど一部の産油国が3月末までの現行の協調減産を2020年末まで延長した上で、第2・四半期のみ減産幅を100万バレル拡大することを提案。勧告文によると、JTCはこの日の会合でサウジの提案を実質的に支持したという。

^