大紀元時報

タイ中銀、米緊急利下げ受け状況を注視

2020年03月04日 17時28分
3月4日、タイ中央銀行は4日、米連邦準備理事会(FRB)による緊急利下げを受け、状況を注意深く見守っており、適切に行動すると表明した。写真は同行。バンコクで2016年4月撮影(2020年 ロイター/Jorge Silva)
3月4日、タイ中央銀行は4日、米連邦準備理事会(FRB)による緊急利下げを受け、状況を注意深く見守っており、適切に行動すると表明した。写真は同行。バンコクで2016年4月撮影(2020年 ロイター/Jorge Silva)

[バンコク 4日 ロイター] - タイ中央銀行は4日、米連邦準備理事会(FRB)による緊急利下げを受け、状況を注意深く見守っており、適切に行動すると表明した。

ただ、中銀は声明で、2月5日に決定した利下げによって、新型コロナウイルス感染拡大の悪影響を和らげるための行動は既に取ったと指摘。企業や家計の手元流動性を支えるための措置も講じたと説明した。

中銀の次回会合は3月25日に予定されており、最新の経済見通しも示す予定。アナリストの一部は追加利下げを予想している。

^