大紀元時報

北朝鮮から発射のミサイル、日本のEEZ外に落下=海上保安庁

2020年03月09日 10時29分
3月9日、韓国軍は、北朝鮮が未確認の飛翔体を発射したと発表した。写真は北朝鮮の旗。韓国側から2019年9月撮影(2020年 ロイター/Kim Hong-Ji)
3月9日、韓国軍は、北朝鮮が未確認の飛翔体を発射したと発表した。写真は北朝鮮の旗。韓国側から2019年9月撮影(2020年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[東京/ソウル 9日 ロイター] - 韓国軍は、北朝鮮が9日、未確認の飛翔体を発射したと発表した。飛翔体の詳細には言及しなかった。

日本の海上保安庁は、9日朝に北朝鮮から発射されたミサイルは、日本海の排他的経済水域(EEZ)外に落下したとみられると発表した。

北朝鮮は先週、東海岸の元山(ウォンサン)市から短距離ミサイル2発を発射した

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^