大紀元時報

台湾の野党国民党が新主席選出、「改革で再び誇れる党に」

2020年03月09日 10時28分
3月7日、台湾最大野党の国民党は、主席選挙で江啓臣・立法委員(写真)を選出した。台北で撮影(2020年 ロイター/Fabian Hamacher)
3月7日、台湾最大野党の国民党は、主席選挙で江啓臣・立法委員(写真)を選出した。台北で撮影(2020年 ロイター/Fabian Hamacher)

[台北 7日 ロイター] - 台湾最大野党の国民党は7日、主席選挙で江啓臣・立法委員(国会議員に相当)を選出した。

中国寄りの国民党は、1月の総統選・立法院選で対中強硬姿勢を示した民進党に大敗。党改革を主張した江氏は、改革は「非常に複雑」としながら「改革を段階的に進める自信がある。国民党は再び誇れる党になる」と述べた。改革の中身について具体的な言及はなかった。

党内では選挙での敗北後、対中政策について意見が対立しまとまっていない。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)

^