大紀元時報

新型ウイルス、エジプトで初の死者 ドイツ人男性

2020年03月09日 10時30分

[カイロ 8日 ロイター] - エジプトの保健省は8日、同国に入国したドイツ人男性(60)が、新型コロナウイルスへの感染で死亡したと明らかにした。新型ウイルス感染により同国で死者が出るのは初めて。

男性は7日前にエジプトに入国。紅海沿いのリゾート地ハルガダの病院に搬送されていた。

保健省によると、男性は7日のウイルス検査で陽性反応が出ていた。ハルガダに移動する前に観光地ルクソールを訪れていたという。

当局は7日、ナイル川を運航してルクソールに到着したクルーズ船で、外国人観光客を含む45人が新型ウイルスに感染していたと明らかにした。それまで国内の感染者は3人だった。

また、保健省は8日の声明で、国内で新たに7人の感染が確認され、そのうち4人は外国人だと明らかにした。感染者はこれで合計55人となった。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^