大紀元時報

JAL、客室乗務員が新型コロナ感染 乗客の濃厚接触特定されず

2020年03月09日 17時42分
3月9日、日本航空は、客室乗務員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。写真は成田空港で2013年1月撮影(2020年 ロイター/SHOHEI MIYANO))
3月9日、日本航空は、客室乗務員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。写真は成田空港で2013年1月撮影(2020年 ロイター/SHOHEI MIYANO))

[東京 9日 ロイター] - 日本航空(JAL)<9201.T>は9日、客室乗務員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染した乗務員は千葉県在住の50代女性で、現在は入院隔離中だが、せきや発熱などの症状はないという。

同乗務員は2月24日にだるさを感じたものの、仕事に支障はないと判断し、翌25日にシカゴ空港発―成田空港着の運航便(JL009便)に乗務した。同便以降は乗務していない。

JALが3月7日に連絡を受けた東京都の保健所による説明では、同便に同乗していた客室乗務員12人が濃厚接触者と特定された。この客室乗務員12人は3月11日まで自宅待機中だが、現時点で体調不良の症状が出ている者はいないという。同保健所はまた、同便の乗客104人と同便以前の乗客に濃厚接触者はいないと判定したとしている。

JALでは現在、国内線・国際線の全路線で客室乗務員はマスク・ビニール手袋を着用してサービスを実施。感染した乗務員も同様にマスク・ビニール手袋を着用して業務にあたっていた。同社によると、機内の空気は機外から新しい空気を取り入れ機内で循環させ、その後、機外へ排出しており、2―3分ですべて入れ替わる仕組みになっている。

同保健所は、感染した乗務員の発症を2月24日と確認。JALによれば、ウイルスの最長潜伏期間とされる14日間前の同月10日以降、日本政府が入国を制限している国(中国・韓国など)への同乗務員の渡航歴はないとしている。

感染した乗務員は3月5日に既往症で病院を受診し、複数の検査を受けた結果、新型コロナウイルス感染の疑いがあるとされた。翌6日に感染の有無を検出する遺伝子検査「PCR検査」を受け、7日に陽性が確認されたという。

*内容を追加しました。

 

(白木真紀 編集:内田慎一)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^