大紀元時報

日本の新型ウイルス感染状況、一定程度持ちこたえている=専門家会議

2020年03月10日 09時16分
新型コロナウイルス対策に関する政府専門家会議は9日夜の会見で、現時点での日本の感染状況について「爆発的な感染状況には進んでおらず、一定程度持ちこたえている」との判断を示した。都内で撮影(2020年 ロイター/EDGARD GARRIDO)
新型コロナウイルス対策に関する政府専門家会議は9日夜の会見で、現時点での日本の感染状況について「爆発的な感染状況には進んでおらず、一定程度持ちこたえている」との判断を示した。都内で撮影(2020年 ロイター/EDGARD GARRIDO)

[東京 9日 ロイター] - 新型コロナウイルス対策に関する政府専門家会議は9日夜の会見で、現時点での日本の感染状況について「爆発的な感染状況には進んでおらず、一定程度持ちこたえている」との判断を示した。

ただ、感染者数は当面増加傾向が続くと予想されるため、警戒を緩めることはできないとした。

 

(石田仁志)

^