大紀元時報

原油市場、複数の国が操作しようとしている 米政府が非難

2020年03月10日 10時19分
3月9日、米政府は、世界の原油市場を操作しようとする複数の国家による試みが原油価格の大幅下落につながったと非難した。写真は2019年2月、テキサス州で撮影した掘削リグ(2020年 ロイター/Nick Oxford)
3月9日、米政府は、世界の原油市場を操作しようとする複数の国家による試みが原油価格の大幅下落につながったと非難した。写真は2019年2月、テキサス州で撮影した掘削リグ(2020年 ロイター/Nick Oxford)

[ワシントン 9日 ロイター] - 米政府は9日、世界の原油市場を操作しようとする複数の国家による試みが原油価格の大幅下落につながったと非難した。そのうえで、米国のエネルギーサプライヤーは、市場の大幅変動に持ちこたえることができると強調した。

米エネルギー省の報道官は声明で「石油市場を操作して衝撃を与えようとする国家の試みは、各国のパートナーや同盟国に対して、米国のエネルギー供給国としての役割が重要であることを強調している」と説明した。

エネルギー省は、特定の国を名指しはしていない。ただ、石油輸出国機構(OPEC)加盟国と主要産油国で構成するOPECプラスの協議が決裂したことによる影響を注視しているとした。

また、新型コロナウイルスが原油需要に与える影響も監視しているとした。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^