大紀元時報

新型コロナ対策で4308億円の財政措置追加へ=政府筋

2020年03月10日 17時14分
3月10日、政府は新型コロナウイルス対策第2弾に4308億円の財政措置を盛り込む方針を固めた。写真は2010年8月撮影(2020年 ロイター/Yuriko Nakao)
3月10日、政府は新型コロナウイルス対策第2弾に4308億円の財政措置を盛り込む方針を固めた。写真は2010年8月撮影(2020年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 10日 ロイター] - 政府は10日にまとめる新型コロナウイルス対策第2弾に4308億円の財政措置を盛り込む方針を固めた。2019年度予算の着実な実行と予備費活用で国内の感染拡大を防止する。今後も地域経済や世界経済の動向を注視し、必要に応じて対策を講じる方針だ。

複数の政府筋が明らかにした。コロナ対策第2弾に盛り込むのは1)感染拡大防止策と医療提供体制の整備、2)学校の臨時休業に伴って生じる課題への対応、3)事業活動の縮小や雇用への対応、4)事態の変化に即応した緊急措置——が柱。

感染拡大防止に向けてはマスク対策やPCR検査体制の強化などに486億円を計上し、学校の臨時休業に伴う保護者の休暇取得支援などの課題には2463億円を充てる。

雇用調整助成金の特例措置の拡大を柱とする事業縮小対応では1192億円を計上する。世界保健機関(WHO)による緊急支援に対する拠出などの名目で168億円の財政措置も講じる。資金繰り支援策として総額1.6兆円規模の金融措置も併せて盛り込み、10日発表する。

(山口貴也)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^