大紀元時報

孫氏「新型コロナ検査100万人に無償提供」、批判受け撤回意向も

2020年03月12日 05時21分
ソフトバンクグループ<9434.T>の孫正義会長兼社長は11日、「新型コロナウイルスに不安のある方々に、簡易検査の機会を無償で提供したい」とツイッターに投稿した。しかし、医療機関の負担になると批判が相次ぎ、撤回する可能性を示した。2018年11月撮影(2020年 ロイター/KIM KYUNG-HOON)
ソフトバンクグループ<9434.T>の孫正義会長兼社長は11日、「新型コロナウイルスに不安のある方々に、簡易検査の機会を無償で提供したい」とツイッターに投稿した。しかし、医療機関の負担になると批判が相次ぎ、撤回する可能性を示した。2018年11月撮影(2020年 ロイター/KIM KYUNG-HOON)

[東京 11日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9434.T>の孫正義会長兼社長は11日、「新型コロナウイルスに不安のある方々に、簡易検査の機会を無償で提供したい」とツイッターに投稿した。しかし、医療機関の負担になると批判が相次ぎ、撤回する可能性を示した。

孫氏は、新型コロナの簡易PCR検査を「まずは100万人」無償で提供するとし、申込方法などを準備すると投稿。また、この日に厚生労働省を訪問したことも明かし、「医療崩壊を起こさないよう連携しながらやっていきたい」とも述べた。

これに対し、孫氏の提案が医療機関や職員の過度な負担につながると批判する投稿が相次ぎ、最初の投稿から約2時間後に「検査したくても検査してもらえない人が多数いると聞いて発案したけど、評判悪いから、やめようかなぁ」と再ツイートし、再考する意向を示した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^