大紀元時報

インド、ほぼ全てのビザ停止 新型コロナ対策強化

2020年03月12日 10時09分
3月11日、インド政府は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ほぼ全てのビザによる入国を一時的に停止させると発表した。マスク姿の観光客。ニューデリーで6日撮影(2020年 ロイター/Anushree Fadnavis)
3月11日、インド政府は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ほぼ全てのビザによる入国を一時的に停止させると発表した。マスク姿の観光客。ニューデリーで6日撮影(2020年 ロイター/Anushree Fadnavis)

[ムンバイ 11日 ロイター] - インド政府は11日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ほぼ全てのビザによる入国を一時的に停止させると発表した。

保健省の発表によると、外交や公用、国連・国際機関向けなどを除き、ビザによる入国を3月13日から4月15日まで停止させる。

インドはこれまで、中国やイタリア、日本など一部の国からの入国を制限してきたが、対象を広げる。

また、インド国営のエアインディアは11日、イタリア便を3月28日まで、韓国便を3月25日まで、それぞれ運航停止にすると発表した。

^