大紀元時報

国際社会と協力し、感染抑制に全力=WHOのパンデミック表明で首相

2020年03月12日 15時22分
3月12日、安倍首相は、WHOのテドロス事務局長が新型コロナウイルスの感染拡大は「パンデミック」に相当すると表明したことに関連して、日本としても国際社会と協力し対応を進めていきたい、との考えを示した。写真は1月撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)
3月12日、安倍首相は、WHOのテドロス事務局長が新型コロナウイルスの感染拡大は「パンデミック」に相当すると表明したことに関連して、日本としても国際社会と協力し対応を進めていきたい、との考えを示した。写真は1月撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 12日 ロイター] - 安倍晋三首相は12日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が新型コロナウイルスの感染拡大は「パンデミック」に相当すると表明したことに関連して、日本としても国際社会と協力し対応を進めていきたい、との考えを示した。官邸内で記者団に述べた。

安倍首相はWHOのパンデミック評価について「世界的な感染の広がりが続いていることへの判断」との認識を示した上で、「日本としても、これまで以上に国際社会と協力しながら対応強めていきたい」と述べた。

また、国内の対応に関して「今後警戒を緩めることなく、必要な対策は躊躇(ちゅうちょ)なく決断して実行していく。感染の広がりを抑えるために全力を尽くしていきたい」と語った。

 

 

(石田仁志)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^