大紀元時報

森法相、検察官巡る国会発言で安倍首相が厳重注意

2020年03月12日 16時51分

[東京 12日 ロイター] - 森雅子法相は12日午後、検察官を巡る国会審議での自身の発言について、安倍晋三首相から厳重注意を受けたことを明らかにした。

森氏は安倍首相との面会後、官邸で記者団の取材に応じ、「不適切なものだったと真摯(しんし)に反省する」と発言。「今後の国会審議に誠実に対応したい」と述べ、法相の職務を続行する考えを示した。

森首相は11日の参議院予算委員会の質疑で、東日本大震災の際に「福島県いわき市から検察官が市民より先に逃げた」と答弁。その後に撤回した。野党側は検察をおとしめるものだと反発し、国会審議を拒否していた。

 

(久保信博※)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^