大紀元時報

中国外務省報道官、新型コロナ「米国責任説」巡る質問に回答せず

2020年03月14日 01時44分
3月13日、中国外務省の耿爽報道官は、中国政府は新型コロナウイルスの感染拡大が米国の仕業と考えるかとの質問に対し、明確な回答を避けた。写真は北京で2018年4月撮影(2020年 ロイター/Jason Lee)
3月13日、中国外務省の耿爽報道官は、中国政府は新型コロナウイルスの感染拡大が米国の仕業と考えるかとの質問に対し、明確な回答を避けた。写真は北京で2018年4月撮影(2020年 ロイター/Jason Lee)

[北京 13日 ロイター] - 中国外務省の耿爽報道官は13日、中国政府は新型コロナウイルスの感染拡大が米国の仕業と考えるかとの質問に対し、明確な回答を避けた。前日には同省の趙立堅報道官がツイッターへの投稿で、新型ウイルスを米軍が持ち込んだ可能性に言及していた。

趙報道官は12日、英語と中国語で「米国でペイシェントゼロ(感染源)はいつ確認されたのか。何人が感染しているのか。病院はどこなのか。米軍が新型コロナの流行を武漢に持ち込んだのかもしれない。透明性を向上させ、データを公表すべきだ。米国は中国に説明する義務がある」とツイートした。

耿報道官は会見で、「米国も含め国際社会にはウイルスの発生源について異なる意見がある」と述べた。

趙報道官のツイッターでのコメントは中国政府の公式見解と一致するのかとの質問には直接の回答を避け、新型ウイルスの発生源は科学的な問題であり、科学的な見解に耳と傾けるべきだと語った。

ツイッターは中国国内では規制され、一般の中国人は見られないが、中国の外交官が最近続々とアカウントを開設し、海外向けに英語で投稿している。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^