大紀元時報

英、新型コロナ流行安定化の兆候 死者1408人も増加ペースは鈍化

2020年03月31日 15時22分
英保健当局は30日、29日夕時点での新型コロナウイルス感染症による死者が前日から180人増え、1408人に達したと発表した。写真は新型コロナ対応に活用されるロンドンの病院(2019年 ロイター/JOHN SIBLEY)
英保健当局は30日、29日夕時点での新型コロナウイルス感染症による死者が前日から180人増え、1408人に達したと発表した。写真は新型コロナ対応に活用されるロンドンの病院(2019年 ロイター/JOHN SIBLEY)

[ロンドン 30日 ロイター] - 英国で新型コロナウイルス流行が安定化しつつある兆候が示されている。保健当局は30日、29日夕時点での新型コロナウイルス感染症による死者が前日から180人増え、1408人に達したと発表した。しかし、1日の死者数は前日の209人から減少した。

30日午前時点での感染者数は計2万2141人。入院患者の増加ペースは1日1000人程度で、加速はしていないという。

保健当局者は、今後2─3週間中に感染拡大ペースがどの程度鈍化しているか見極めることが可能と述べた。

また医療専門家は、英国民の2─3%が感染した可能性があるほか、最大40%の人には症状が出ていないとの認識を示した。さらに、抗体検査は承認プロセスの最終段階にあり、「数週間ではなく、数日以内に」用意が整うことを望んでいると述べた。

*カテゴリーを追加して再送します。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^